日差しの強い時期に、日焼けのケアをしていない方はまさかいらっしゃらないかと思います。この夏浴びた日差しによるダメージを抑えるためにも、秋のケアはとても大切です。

「紫外線」の与えるダメージ

紫外線にはUVAとUVBがあるのはご存じだと思いますが、どちらがどのようなダメージを与えるのでしょう。

・UVA

地上の紫外線の約95%を占めています。肌の奥の真皮にまで到達し、肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを変性させます。そのため、弾力が弱まりシワが起こりやすくなります。
また、メラノサイトを活性化させてメラニンをつくったり(「遅延黒化」)、すでにできているメラニンを酸化させて黒くする(「即時黒化」)作用も及ぼします。UVAはガラスを透過するため、室内でも注意が必要です。

・UVB

表皮を中心にダメージを与え、肌に炎症を起こします。また、いわゆる日やけ、つまり肌色を黒くする作用もあります。さらに、角化のリズムを乱し、角化を早めて肌荒れも起こしやすくします。UVBはガラスを透過しないので、注意が必要なのは晴れた日の屋外です。
(出典:花王 スキンケアナビ)

◆秋のスキンケア

夏は紫外線対策、冬は乾燥対策をしますが秋というのは意外と油断しがちです。でも、それはいけません。夏のダメージを残したままのお肌で冬の乾燥を受けてしまうと大変な事になります。乾燥する冬に向かってきちんとお手入れをして万全な状態で迎えるようにしましょう。

先ずは、今のお肌の状態を確かめてみましょう。

・毛穴、黒ずんでいませんか?

夏に浴びた紫外線の影響でお肌の角栓が酸化して、変色すると毛穴が黒ずんで見えることがあるのです。

・お肌、ざらついていませんか?

たくさん浴びた紫外線の影響で、皮膚が水分を蒸発しやすい状態になっています。その上、きちんと保湿ケアをしていないと乾燥して古い角質をためてしまっていることがあります。古い角質が残っているとお肌がざらついた感じになってしまいます。

「角質ケア」

上のような状態になったお肌の角質を取り除いてあげることが大切です。
方法としては、ピーリング・スクラブ洗顔・酵素洗顔などがあります。

・ピーリング

不要な角質を専用のピーリング剤を使って取り除くのがピーリングです。お肌のターンオーバーを促してくれます。
ピーリング剤としては①石鹸タイプ、②塗って洗い流すタイプ、③洗い流さないタイプがあります。
どれも簡単に行うことが出来ますのでお好みで使ってみるとよいでしょう。気を付けなければいけないのはピーリングのやり過ぎです。ピーリングするとお肌がワントーン明るくなるので何度もしたくなりますが、やり過ぎは禁物。使用回数を守り、お肌が敏感なときなどはやめておきましょう。

「保湿ケア」

お肌の余分な角質を取り除いたら今度は徹底的に保湿です。
乾燥する冬に向かって、しっかり保湿をして乾燥に負けないプルプルのお肌を作っておきましょう。

・洗顔

先ずは丁寧な洗顔です。お肌をきれいな状態にしてから保湿をしてあげるのが大切ですから、洗顔はきちんとしましょう。洗顔料はお好みのもので構いませんが、しっかりと泡立てて泡でお肌の汚れを包み込むようにしてからぬるま湯で洗い流しましょう。洗い終わったらやわらかいタオルでごしごしこすらずに丁寧に水分を取り除きましょう。

・保湿

洗い終わったらすぐに保湿ケアをしましょう。保湿成分配合の化粧水を使ってお肌にパッティングをしましょう。コットンを使うとよいですね。お肌を上に向かうようにしてパッティングするのがコツです。リズミカルにお顔全体をパッティングします。最後に首にも化粧水をつけてあげるのを忘れずに。
化粧水で水分を与えて上げたら、お好みの美容液などを使って最後に油分のあるもので蓋をしましょう。せっかく与えて上げた水分が蒸発してしまっては大変です。
水分を閉じ込めて上げることが大切です。

「食事」

バランスの良い食事もお肌に大切な事です。
ビタミンCはメラニンの生成を抑える働きがあります。シミやそばかすの防止にもなります。
緑黄色野菜は積極的に摂りましょう。
ビタミンEもビタミンCと一緒に摂るとよいですね。女性の好きなアボカド、大豆、ゴマ、ナッツ類に多く含まれています。
βカロチンもお肌の大敵活性酵素の働きを抑えてくれます。人参やカボチャに多く含まれます。

秋のお肌対策、これからが大切です。冬に向かって今からきちんとケアをしておくことが大切なのです。乾燥する時期になって慌てないためにこれらのケアをしてプルプルお肌を保ちましょう。

ビタミンCを肌の角質層にまで浸透させるにはAPPC-フラセラム

13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)