秋冬の大トレンドに選ばれている、ふわもこのファー。
でもファーを着るとゴージャスになりすぎて浮きそうなんて思ってる人も多いのではないでしょうか。
今回はそうならないファーの使い方を教えたいと思います。


◆慣れていない人は部分的に入れていこう。

ファーとは言っても全身ファーのコートという概念にとらわれていませんか?確かに、ファーって聞くと羽織っているコートが全部ファーでゴージャスなんてイメージは大きいですが、そうじゃなくても部分的に入れても可愛いんです。
例えば、ダッフルコートのフードにボリューミーなファーがついているだけで普通のダッフルコートを着るうえでトレンドも入れられますよね。ダッフルコートや普通のコートだと抵抗感なく着れますよね。
慣れてない方はファー付きのコートでアクセントとしてファーを入れるのがおすすめです。


◆小物やアクセサリーにさりげなくファーを使う

まだ気温が定まらず、ファーを着ても結局暑くて脱いでしまうなんて方もいると思います。そんなときは小物にファーを使ってみましょう。一番簡単なのはカバンですね。ニットとデニムでシンプルな服装にもファーのクラッチを持つことでトレンドも入れられるのでおすすめです。後は、シューズやファーマフラーで強すぎないアクセントでもトレンドを入れられるので是非試してみてください。
もっとさりげなくファーを取り入れたい人にはファーピアスがオススメです。主張も強すぎず、服の色合いのバランスもとりやすいし、何よりこれからの季節のファッションにかなり合わせやすいというところがポイントですね。
まだ買っていない方は、一つくらい持っておいてもいいかもしれないですね。


◆ゴージャスになりすぎないようにうまく着こなすには

やっぱりトレンドとなると、一回はファーのアウターを合わせてみたいと思いますよね。そこで、ゴージャスになりすぎないコーデをいくつか紹介したいと思います。まずは、白のニットを使ったふわっとした可愛いコーデ。白のニットにファーコートを合わせてふわふわ感が出るコーデです。タートルネックのニットワンピに合わせたりすると女の子感アップすること間違いなしですね。
次に、グレーのファーコートを使った、シンプルな大人コーデ。このコーデは無地の同系色のインナーに黒のスキニーに合わせるいたってシンプルなのにスタイリッシュに見えて尚且つ決め過ぎないところがゴージャス感が出過ぎないポイントですね。
小嶋陽菜さんもや石原さとみさんがドラマで着ていたように、ファーコートでも合わせるものはあくまでもシンプルにまとめることがゴージャス感を出し過ぎないポイントではないでしょうか。


ファーを使ったファッションは限りがあるように見えたり、ゴージャス感が出るのを気にして着れないなんて方もいると思いますが、ポイントに使ってみたり、合わせ方さえ覚えてしまえばこっちのものです。自分に合ったものを買って秋のファッションを楽しんでください。



【Dinate(ディネイト)】

normal
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)