エイジング美容研究家としても活動している筆者の持論、ツヤは若さとみずみずしさを演出してくれるということ。つまり、肌も髪もツヤが美しさのポイント!そこで、今回はツヤ髪をキープするためのポイントをご紹介します。

【ツヤ髪をキープするためのケアのポイント】

◆髪に必要な潤いを奪わないようなシャンプーを使用する

これはスキンケアにもいえることですが、ツヤは潤いがあってこそ生まれるもの。そのため、ツヤ髪をキープするにはシャンプー選びがとても重要。髪や頭皮に必要な潤いまで奪う恐れがある洗浄力の高いシャンプーは使用しないよう心掛けましょう。とはいえ、洗浄力が高いかどうか見極めて商品を選ぶのは難しいもの。そんな人はまず石油由来系界面活性剤不使用と表示されているシャンプーを使用することから始めてみてはいかがでしょうか。

◆頭皮のケアも忘れずに

美しいツヤ髪を育むためには頭皮ケアは必須。頭皮や髪に日焼け止めを塗るなど紫外線対策を行うことはもちろんですが、保湿、普段のシャンプーでは落とし切れない汚れを落とす効果が期待できるスカルプケアを取り入れることも大切です。保湿は育毛剤やオイルを使用するのが◎。スカルプケアは頭皮専用のシャンプーなどを使うのもおすすめですが、筆者が実践しているオイルを使ったスカルプケアは下記の通りです。

①シャンプー前の乾いた状態の頭皮にオイルを塗りこんでいく。
  
この時、頭皮をもみほぐすような要領でマッサージしていくと血行促進効果もあって一石二鳥。オイルは頭皮専用のものでなくてもOKです。
②ホットタオルで髪と頭皮を覆い入浴する。
ホットタオルを外し、ぬるま湯で髪をかきわけながら頭皮全体にシャワーをあてる。
通常通りシャンプーやトリートメントを行う。

そう面倒なケアではありませんが、週に1、2度行うだけで頭皮がすっきりとし、潤うのを感じることができるでしょう。

◆ドライにポイント多し!シャンプー後のケアが髪の運命を左右する?

美しいツヤ髪をキープするにはドライが重要なポイントになります。シャンプー後の濡れた髪はとてもデリケート。ダメージを受けやすい状態になっているためタオルでゴシゴシ擦るのはNG。肌あたりのいいタオルで押さえるよう水分をとってからできるだけ早い段階で頭皮と髪を乾かしましょう。髪を乾かす前には必ずアウトバス用トリートメントを塗ることをお忘れなく。
また、髪を乾かす際にも注意点がいくつかあります。まずは髪や頭皮を乾かす際の温度。少しぬるいと感じる温度が◎。頭皮や髪への負担を和らげることができるでしょう。そして、髪を乾かす順番ですが、頭皮からにし、毛先にはドライヤーをあてないことが大切です。

◆カラーリング後はオイルで潤いとツヤをチャージ

普段ドライ前に使用するアウトバス用トリートメントは自分の髪との相性が合えばミルクタイプなどでもOKなのですが、カラーリングの後だけはオイルを使用するのがおすすめ。カラーリングの後は髪がごわついたり、パサついたり等ダメージを受けやすいもの。そんな時ヘアオイルで潤いとツヤをチャージすると髪がしなやかになり、ツヤも蘇る傾向に。ドライ前に毎日続けることでカラ―リング後のダメージを数日かけて修復できる可能性大です。

◆ブラッシングを習慣に

ツヤ髪をキープするのに欠かせないものの1つはブラッシング。頭皮の血行を促進することで健やかな髪をキープする効果がるほか、髪にまとまりとツヤを与える効果、顔のリフトアップ効果までも期待できます。ただし、ブラシ選びにもポイントが。できるだけ天然毛でできた肌あたりのいいものを選びましょう。できるだけ頭皮への負担を軽くすることが大切です。

いかがでしたでしょうか。美しいツヤ髪をキープするのに年齢は関係ないのではないかと筆者は考えています。実際、現在38歳の筆者も8歳の娘とそう変りない程度のツヤ髪をキープすることができています。髪質も関係あることではありますが、ケア次第であなたの髪も年齢不詳のツヤと輝きのある髪になる可能性が。さあ今日からあなたもツヤ髪ケアを始めてみませんか?



b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)