女性が毎日のようにしているメイク。本来はその人の美しさを引き立て、コンプレックスはうまくカバーするもの。
しかし、パーツによっては思うようにうまくメイクできず逆にコンプレックスになってしまっているということ、ありませんか?多くの女性が難しいと感じているのはズバリ「眉」のメイク。そこで、今回はナチュラルに仕上がり女っぷりまでも上げる効果が期待できる眉メイクの方法をご紹介します。


【垢抜け眉を作るためのアイテム選びのコツ】

垢抜け眉を作るためにはアイテム選びが重要。ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

●ブキッチョさんならペンシルタイプを、そうでない人はパウダータイプを

左右対称に眉を描くのが難しい、そもそも思うような眉を描けない、そんなブキッチョさんにはペンシルタイプのアイブロウーアイテムがおすすめ。実際に手の甲などに描いてみて芯が柔らかすぎず固すぎない、自分が描きやすいと思えるものを選びましょう。
眉を描くこと自体には自信があるという人にはパウダータイプのアイブロウアイテムがおすすめ。よりナチュラルで立体感のある眉を作ることができるでしょう。

●色は自分の肌や瞳を明るく見せる効果のあるものを選ぶ

アイブロウアイテムを選ぶ際、どのような色を選ぶかで眉の印象は大きく変わってきます。実際に眉に塗ってみて自分の肌や瞳を明るく見せる効果のあるものを選びましょう。髪や眉の色に合わせて選ぶ人が多いと思いますが、眉マスカラで後から調整可能なためあくまでも肌のトーンを上げてくれる色を選ぶことが大切です。
大抵の人にマッチするのは少し明るめのブラウン。濃淡を変えて合わせてみましょう。眉マスカラは眉よりワントーン明るめのものが◎。自眉と描いた眉を一体化させてくれる効果があるので必ず使いましょう。パール入りのものは光が当たった時に眉が消えたように見えてしまう恐れがあるため、ノンパールのものを選ぶのがおすすめです。


【垢抜け眉の作り方】

眉を描く時は眉毛を1本1本描き足していくイメージで少しずつ同じ場所に描かないよう心掛けながら描いていきましょう。また、眉頭を濃く描いてしまうと強すぎる眉になったり、のっぺりとした仕上がりになるため、眉頭は薄めに描き、あとからブラシでぼかしましょう。
眉の太さですが、少し太さのあるナチュラルな眉が今の流行り。自分の顔の印象と相談しながら太めに描いていくのが◎。ただし、少しでも不自然だと感じたら自然に見える細さに調整するようにしましょう。

●眉頭は黒目の外側にくるように

眉を描くあたって大切なポイントは眉山を最初に決めてしまうこと。真正面を向いた時の黒目の位置より外側に眉頭を作りましょう。最初にペンシルなどで左右対称に印をつけてしまうのもいいでしょう。カーブはあまりつけないよう眉頭からほんの少し上がるくらいの位置に眉山をもってくるのが◎。

●眉尻は小鼻と目尻の延長線上に

眉尻は長くなり過ぎないのが◎。小鼻と目尻の延長線上に、眉頭から骨格を辿って自然に下すように作りましょう。この時眉尻に向かって自然に細くなっていくように描くのが◎。

●ペンシルやパウダーで眉を描いてから整える

ペンシルやパウダーで眉を描いたら眉をブラシで軽く整え(ブラシを使うのは眉を描く前でもOK)、長い部分ははさみでカットしましょう。それ以外の部分の不要な毛はかみそりなどで剃ってしまいましょう。

●眉マスカラで毛流れを作る

次に眉マスカラを使って毛流れを整えながら眉に色を重ねていきます。マスカラを使用する前に必ずティッシュオフしましょう。眉がダマになるのを防ぐことができます。眉頭からスタートし、眉尻に向かってブラシを動かしていくのですが、眉頭部分は下から上に塗りそこからサイドに流していきます。眉マスカラが乾いてしまう前にスクリューブラシなどで調整しましょう。


いかがでしたでしょうか。いくつかのポイントをおさえるだけで苦手に感じていた眉メイクもそう難しくはなくなるはず。失敗してしまったら思い切ってすべて消してしまうくらいの覚悟で、焦らず慎重に描くことが大切です。
眉は顔全体の印象を左右する需要なパーツ。いつもより少し時間をとり、念入りにメイクしてはいかがでしょうか



トラブル肌用コンシーラー【リプロスキン コンシーラー】

PAK86_okesyouhin-thumb-815xauto-16058
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)