乾燥が気になる季節になり、お風呂あがりの万全な保湿ケアが必要な時期となってきました。ひどい方だと粉をふいたり、痒くなってしまったり…と、乾燥肌さんにはつらい時期です。
Minも乾燥性敏感肌のため秋冬に限らず保湿はマスト、この時期ともなると病院通いとなることもしばしば。乾燥が気になるのもそうですが、何より手間がかかるのが面倒なんですよね…。

そこで今回は、手間をかけずに乾燥対策をしたい…!と考えている方にオススメの保湿ケアをご紹介していきたいと思います。毎日のケアだからこそ手軽にコスパ良く対策していきたいですよね!

1.入浴前に万能オイルを塗るだけ

手軽な保湿ケアとは、タイトルの通り入浴前に万能オイルを塗ること。保湿というとお風呂あがりにするものというイメージがありますが、極度の乾燥肌の方は入浴前に塗るほうが効果的なんです!

乾燥した肌は、水分が足りていないためにごわついています。このごわついたお肌だと、本来は体を洗うことで剥がれるはずの古い角質がきちんと剥がれてくれません。
水分がないためにところどころ残ってしまったり、剥がれすぎて出血してしまったりとトラブルの連続。
そこで、古い角質をうまく剥がすために水分と油分が必要となってくるんです。入浴前にオイルを塗ることで油分が補強され、皮膚を守りながら余分な角質だけが落ちるようになります。

アトピーの方の中には、古い角質が落ちてお風呂が白濁したり、かさぶたが湯船に浮いていたりとわかりやすく効果を感じているようです。そのため、残ってしまった傷跡のケアなどにも効くのではないでしょうか。

この時に使用するオイルは、体に直接塗ることができるものならなんでもOK。ココナッツオイルでもオリーブオイルでも市販されているピュアオイルで十分に効果的です。
例えば、流行に乗ってココナッツオイルを買ってみたけれどもおうちに眠っている…なんて方はぜひ活用してみてください。コスパ的にはアーモンドオイルなども最適です♪

2.お風呂に万能オイルを入れるだけ

更に手間のかからない保湿方法が、お風呂にオイルを入れて入浴する方法。お風呂にスプーン1杯ほどオイルを入れるだけで少量にも関わらず、お肌がつるつるになります。
市販の入浴剤よりも効果を感じることができましたし、コスパも良いのではないでしょうか。

お肌の滑りが良くなることで湯船の中でのマッサージもしやすくなり、気になるむくみやセルライトが優しくもみほぐすことができます。
個人的には、この湯船の中の滑りの良くなったお肌に感動しました!市販の入浴剤でもお肌がつっぱる気がしていたのですが、オイルの油分のおかげかお肌がつっぱることがなかったです。

このようにオイルを入浴中に使用することで、油分が蒸気を包み込みお肌がふっくら柔らかくなります。更に湯冷めもしにくいとのことで、これからの季節のお風呂にぴったりの保湿方法ではないでしょうか?こ
れだけ手軽に保湿することができるとあって、ハリウッドセレブや雑誌モデルがこぞってオイル美容にハマる理由がなんとなくわかりますよね。ぜひ皆さんも、万能オイルで乾燥を乗り切ってくださいね!



a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)