「美しいバスト」は永遠に女性の憧れです。胸のふくらみは女性だけが持つ象徴ですね。初めて胸が膨らんだときは嫌で仕方なかったのに、あまり大きなバストにならなかったらそれも悩みの種。大きすぎるバストに悩んでいる人、加齢とともに下垂してきたバストに悩む人と悩みも人それぞれ。いつまでも「美しいバスト」保つにはどのように過ごしたらよいでしょう。

「美しいバストの条件」

一口に美しいバストと言っても様々な条件があると思います。
形も様々。バストの形はお椀型、さら型、半球型、円錐型、釣鐘型などあります。理想的と言われているのは、ふっくらと盛り上がった「半球型」と言われています。
乳房の高さはアンダーバストから8~10センチくらいの高さがあって、少し上を向いていること。
あごの中心と左右の乳首を線で結んだ時に、その形が正三角形になっていると美しいバストの位置です。
これはバストの黄金比率です。
年齢や環境によって、ハリや弾力を失っていきます。もちろん仕方がないところもありますが、出来るだけケアをして美しい理想的なバストを目指したいですね。

「美しいバストを保つための食事」

美しいバストを保つためにエクササイズやマッサージをしている人は多いと思いますが、実は毎日のお食事もとても大切なのですよ。
毎日のお食事をきちんととっていなかったり、偏ったお食事をしているとバストからだんだんお肉が落ちて行ってペチャンコになっちゃったなんてことにもなりかねません。
痩せるときは、落ちて欲しくないバストから痩せていくなんて聞きますが、ダイエットをするときでも、基礎㌍を下回ることなく、バランスのとれた食事をすることが大切なのです。

【豊かなバストを作るために欠かせないもの】

・たんぱく質 

たんぱく質は人間の身体を作る主要構成成分であり、女性ホルモンの働きを助けます。
植物性タンパク質・動物性タンパク質をそれぞれ バランスよく摂ることが大切です。

・ビタミンA

粘膜を正常にし、髪を健康に保ったり、肺・気管支などの呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつけるほか、生殖機能を維持したり、成長を促進するなどの働きがあります。美容面では皮膚の新陳代謝を活発にし、ハリをよみがえらせる効果もあります。ビタミンAが不足すると、潤いがなくなって肌がかさかさになったりします。肌にハリを与えてバストアップするためにも必要なビタミンです。

・ビタミンB群

互いに助け合って機能するので、どれも過不足なく総合的に摂取するのが理想です。特にバストアップや肌のハリを保つために重要なのが、ビタミンB2です。
脂肪を燃焼させる働きがあり、細胞再生の手助けをしてくれるので、粘膜や皮膚、髪の毛や爪を育成して健康な状態に保つ効果もあります。
またビタミンB2には、筋肉のたるみを引き締める効果があるため、バストが垂れるのを防ぐ効果もあります。

・ビタミンC

美容や美肌に効果があるビタミンとしてよく知られています。抗酸化作用があって、肌のしみやしわ、老化を防ぐ働きがあります。そして、このビタミンCはバストアップのためにも必要不可欠です。

・ビタミンE

抗酸化作用があり、老化の原因とされる過酸化物質の生成を防ぐ働きをします。また毛細血管が拡がって、血液の流れがよくなるので、新陳代謝も高まり、美肌効果もあります。
(出典:バストアップ!胸を大きくする方法)

これらを見ると本当にバランスの良い食事がどれだけ大切かわかりますね。美容と健康にどれも大切な事です。

「バスト」のために大切な事

バストアップのためによくするのが、手を胸の前に出して押すようなポーズですね。でも、これってあまり効果がないことはご存知ですか。
バストを持ち上げている筋肉に効かないからです。
先ずは、正しいS字姿勢を取ることが大切です。正しいS字姿勢を取ることが出来ると、バストの位置もしっかりと上がり美しい体型になります。

女性なら誰しも気になるのがバストのことです。おばあちゃんの象徴のような垂れてしまったバストにならないために、栄養、姿勢を正しくしていつまでも若々しい美バストを保つようにしましょう。



675d06c95c62dad66ea46a66cd5173dd_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)