数々のメディアに出演されている佐伯チズさん。美容アドバイザーとして独自の美容法を多彩に持っており、多くの雑誌に登場したり、その美容法が書籍化されるなど絶大な人気を誇っています。
現在72歳でありながら、若々しく白いお肌でいつも笑顔の絶えない素敵な女性というイメージです。年齢を重ねても佐伯チズさんのように若々しく元気なお肌を手に入れられたら最高ですよね。

そこで実際に佐伯チズさんが実践されているクレンジング法をご紹介したいと思います。


【佐伯チズ流スキンケア方法】

佐伯チズさんがされているのは、ダブルクレンジングはしないという美容法です。しかし何故ダブルクレンジングをしないことをオススメしているのか。クレンジングはしっかりして、そのあとの洗顔料やせっけんでの洗顔は日本人特有の美容法だそうです。実はダブル洗顔をやめることで、ニキビや肌荒れからお肌を守ることもできるのです。
ダブル洗顔によってお肌の皮脂を必要以上に落としてしまい、殺菌力の低下がニキビにもつながるというのです。佐伯さんがおっしゃるには、クレンジングはポイントメイクを綿棒やコットンでしっかり落としたあと、全体のクレンジングを行います。

そしてぬるま湯ですすぎ、汚れを落とすだけで十分なんだそうです。メイクオフに使う綿棒やコットンは水で濡らしてから使うことで肌の負担を軽減させます。メイクをした時間と同じぐらい時間をかけて優しくしっかりオフすることをオススメされています。

それでは、具体的なクレンジングの方法をみていきましょう。

無造作にメイクを落としている手は、しみやしわの原因となり将来の肌にも影響が出てしまいます。
ポイントとして・目元、口元のポイントメイクから・全体のクレンジング・ダブル洗顔は不要です。

・アイメイクの落とし方。

コットンを3角形に折り畳み、下まぶたの下に当てましょう。
もう1枚のコットンの上をまぶたのメイク部分に乗せて、すっと優しく下方コットンを下方向へ降ろしてメイクオフしましょう。
マスカラは綿棒を使って優しく丁寧に落とします。新しいコットンを下まぶたに貼ってメイクオフします。
リムーバーを染み込ませた綿棒で、メイクをコットンに移しメイクオフします。下まぶたのアイメイクを落とす際には、片方の手でこめかみを抑えながら、目尻から目頭に向けて下まぶたのメイクをふき取ります。
これでアイメイクは落とせましたが、最後に洗浄するという意味で目薬をさしておきましょう。リムーバーが目の中にはいっている可能性もありますから。

・口元メイクの落とし方。

口元メイクは、きちんと落とさないと唇の荒れ等を引き起こすので、丁寧に扱ってあげなくてはいけないパーツです。口元は女性の象徴のようなパーツです。気にかけてメイクオフしましょう。

片手で口角をしっかりと引き上げ、もう片方の手で口の端から中心に向かって優しく拭き取りましょう。
擦り過ぎるとシワの元ですので、あくまで優しくです。コットンを三角形に折り、ポンポンと優しく叩くようにすると、唇の縦ジワに入ったメイクやリップのラメ等も綺麗に落とす事が出来ます。
綺麗に落とすことで、唇の色素沈着の予防にもなります。

・顔のメイクの落とし方。

顔のメイク落としの基本は、ファンデーションを落とす事です。ファンデーションは、優しく浮かせるだけで綺麗に落とす事が可能です。
ファンデーションを顔に付ける時と同様、顔の内側から外側へ向けてメイクオフしていくようにしましょう。クレンジングの素材を動かすように、クルクルと円を描くようにマッサージします。
あくまで、クレンジングの素材を動かす事が、ポイントです。指先でゴシゴシと強く擦ったりしてはいけません。クレンジング剤を落とす際は25~32度のぬるま湯で20回程すすぎましょう。タオルで優しく水分を抑えクレンジングは終了です。

また朝もぬるま湯洗顔たけ、というのが佐伯流です。いかがでしたか。みなさんが普段行っているクレンジング方法とは少し違ったのではないでしょうか。
佐伯流クレンジングを試すだけで、あなたの肌トラブルを解消し、美肌へと繋がること間違いなしです。

難しいことはありませんので是非今日から試してみてくださいね。


92%がお肌の変化を実感!

AI_IMG_7772-thumb-815xauto-17759
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)