お風呂上がりでしっかり潤ったはずなのに、乾燥している気がする、痒みが増したなど、こんな経験をされた方は多いではないでしょうか?


【入浴後、肌が乾燥しているように感じるのは?】

実は入浴中、入浴後は、生活の中でお肌の乾燥が急激に進み、お肌や髪の水分が逃げていってしまいます。ですので、お風呂上がりの肌は5分以内に保湿ケアをすることが大切だと言われています。

それほどまでに急激に乾燥が進むのは何故でしょうか。入浴中は水分で皮膚が覆われるので、お肌は潤っているように感じられますが、実はお肌に潤いをあたえる保湿成分が流れ出てしまっており、入浴後は入浴前よりも乾燥しやすい状態のお肌になってしまいます。

また、体を洗うときに、タオルやボディブラシなどで強く摩擦したり、強い刺激を与えたりすると、お肌の表面が傷ついてしまい、更に乾燥を悪化させてしまいますので、優しく洗う事が大切です。

【乾燥を防いでくれる高機能成分 セラミド 】

お肌の表面に近い皮下組織に角質層があります。その中でもお肌のバリア機能を担い、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在がセラミドです。若くて健康な肌にはセラミドがたっぷりと含まれており、肌もみずみずしくしっとりしていますが、加齢や気候の変化、環境の変化などによって、セラミドの量はだんだんと減少していきます。すると肌にうるおいがなくなり、肌が乾燥した状態の乾燥肌になってしまうのです。

【セラミドが不足してしまうとどうなる?】

実際に乾燥肌や荒れ肌、老人性乾皮症などの肌では、セラミドが著しく少なくなっていることが報告されています。
セラミドはアトピー性皮膚炎とも関わりがあり、アトピーや乾燥肌の方はもともとセラミドが少ない事がわかっており、肌のバリア機能が低下してしまい、肌内部から外部へ水分が失われやすくなってしまいます。

肌がカサカサと乾燥し抗原や化学物質が肌内部に入りやすくなる為、抗原が肌に侵入するとアレルギー反応が起こり、肌ではかゆみや炎症などの様々なトラブルが発生すると言われています。ですので、お風呂上がりのお肌は内部の潤いを蒸発させてしまう、危険な状態にあるのです。

セラミドはもともと人体に存在する成分なので、すでに敏感になっているお肌でも刺激物と認識されにくく、セラミドを補給してバリアを回復させてあげれば、ひどく荒れていた肌も徐々に健康を取り戻すことができます。理想の肌状態を目指すためには、まず取り入れるべき美肌成分だといっても過言ではないのです。

【セラミドをお肌に取り入れるためには?】

セラミドの美肌効果としてメラニンの生成を抑えシミ、シワを防ぐといわれており、肌の健康ときれいな美肌を作るには重要な役割を果たします。セラミドは外部からの補給が可能な成分ですが、選び方にはポイントがあります。まず1つ目は天然のセラミドであること。
セラミドには3種類あり、動植物から抽出する天然セラミド。酵母などから合成して作られる天然型セラミド。分子構造が似ているが別物の疑似セラミドがあります。疑似セラミドはセラミドとしての効果が低いことがわかっています。

人間のお肌が1番吸収かつ活用しやすいのは、自然のままの天然セラミドです。効果を最大限に生かせる天然を選ぶのがオススメです。例えばコンニャクセラミドは、肌への吸収力が特に高いことでも知られています。そして2つ目は美容成分が含まれていることです。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿効果が高い成分が配合されている物は、セラミドとの相乗効果を期待することができます。注意点として植物エキス等のオーガニック系は効果も高い反面刺激になることもあるので、使用前には必ずトラブルが起きないかチェックしてくださいね。最後にお肌への刺激が少ない事。
セラミド自体はほとんど肌への刺激がないものですが、一緒に含有されている成分に化学的なものが多ければ、肌への刺激が強く、返って悪化させてしまうこともあります。

炎症が表面に表れていなくても、肌の奥で何かしらトラブルが起こっていれば効果が減少してしまいますから、低刺激なものを選ぶほうが良いでしょう。セラミド、美容成分を豊富に含み、低刺激なスキンケアとして、モーニュがあります。こちらはコンニャク由来の天然セラミドで、ヒアルロン酸やプラセンタ、植物エキスが配合されており、肌への浸透率が高いと評判です。
また防腐剤、界面活性剤、アルコール、紫外線吸収剤、着色料、香料、鉱物油不使用で、肌への負担が殆どありません。こういったスキンケアを使い、お風呂上がりのお肌を乾燥からやさしく守る事が重要だといえます。

またすぐにスキンケアをできない場合は、プレ化粧水として、炭酸ミストなどでお肌を潤すのもいいでしょう。


美容液レベルの化粧水【グラングレース ローション】

TSU93_shizukuhukyouwaon-thumb-815xauto-12498
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)