メイクの際の必需品はたくさんありますが、気になるしみやニキビ跡、クマ、赤みなどを隠してくれるコンシーラーはとても重要ですよね。誰しもお肌に悩みやコンプレックスがありますが、ファンデーションでは隠しきれないものはコンシーラーに頼るのが1番です。

しかし、世の中にはたくさんのメイク用品が溢れておりどんな物が自分の悩みに合うか、みなさん試行錯誤されているのではないでしょうか。
コンシーラーにもリキッドタイプ、パウダータイプ、スティックタイプなど様々な種類があり、評判が良く買ってみたはいいが、塗ったところが悪目立ちしたり、ヨレやすかったという経験はありませんか。
コンシーラーは、自分の肌に合ったものを使用すれば肌浮きすることもなく肌悩みを綺麗に隠し、美肌に見せてくれる万能アイテムです。

今回は自分に合ったコンシーラーの選び方についてご紹介します。

【メイク時にコンシーラーが欠かせないわけ】

コンシーラーとは、気になる部分に塗ることで、肌を美しく立体的に見せてくれるアイテムです。唇の輪郭を消したり小鼻の赤みを抑えたりとメイクの完成度を格段にあげてくれます。

【コンシーラーの種類と用途とは?】

コンシーラーを選ぶ際に重要なポイントは、自分の肌の色や肌質に合うかということです。

ペンシルタイプのコンシーラーは油分が少なく小さいシミや、唇の輪郭を修正するのに最適です。クマや、大きなシミなどのカバーにあまり向きませんね。続いてスティックタイプ。
こちらは各メーカーからも数多く出ているメジャーなタイプで、口紅の様な形をしています。クマやシミ、ニキビ跡など総合的にカバーしてくれます。しかし厚みが出てしまう為、崩れやすさ、厚塗り感が出てしまいがちです。

リキッドタイプのコンシーラーは、先端が筆タイプになっているものや、チップがついているものが多く、ファンデーションに似た質感から肌馴染みがよくナチュラルに見せてくれます。

最後にクリームタイプ。クリームタイプはクマや、シミ、ニキビ跡など広範囲に使え、美容成分が配合されているものも多く、仕上がりもナチュラルになる事から人気が高いといえます。

次にコンシーラーを選ぶ際に最も重要な色選びを悩み別に紹介していきます。
茶クマにはイエロー系もしくはベージュ系、青クマにはオレンジ系のどちらも柔らかい質感のコンシーラーを選ぶ事でクマを綺麗にカバーできます。

しみやソバカスには自分の肌のトーンより少し暗めのカラーを選びましょう。
明るいカラーだと浮いてしまい黒や茶色は消えないので、ファンデーションのカラーを見ながら少し暗めの色を選んでください。

ニキビやニキビ跡、小鼻の赤みにはグリーン系が効果的ですが、赤みが強くない場合はイエローやベージュ系の、自分の肌より少し明るいカラーがオススメです。

【ナチュラルに見せたい人には】

ナチュラルに目立たず、崩れにくくなおかつカバー力もあるコンシーラーとはどんなものでしょうか。
まず自分の肌悩みを確認してファンデーションとも相性の良いものを選びます。その際は肌に馴染みやすく、厚塗りになりにくいリキッドタイプかクリームにすると自分でメイクする際も自然に仕上がりやすいのでおすすめです。

できれば自己判断せず販売員さんに相談し客観的にみてもらいましょう。
なぜならコンシーラーは一度購入してしまうと部分的にしか使用しないため、かなり持ちが良く、使わないままになっているなんて事も。では人気の万能コンシーラーを紹介したいとおもいます。

イプサ クリエイティブコンシーラーは、クリームタイプのコンシーラーでパレット仕様になっており、なんと3色の異なるカラーが入っています。
3色を混ぜる事でどんな悩みにも対応できる優秀なコンシーラーです。使用法がプロフェッショナル仕様を思わせてかっこいいとのこともあり、さらなる人気を得ています。
ひとつ持っていれば、クマやシミなど、気になる部分がすべてカバーできるマルチ性が人気のヒミツです。お値段も\3500と3色入ってこのお値段なら納得ですね。
使用感はカバー力があるが厚塗り感はなく、よれにくく、シワになりにくいとコンシーラーの欠点を全てカバーしてくれています。

それでもコンシーラーが苦手だという方には、リキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーがオススメです。
ファンデーションの質感に近く扱いやすい事からメイク初心者の方や、厚塗り感やメイクよれが気になる方にはぜひ試して頂きたいですね。

自分の悩みあったアイテムに巡り合うことはとても大変なことですが、メイクをする際の参考になればと思います。

トラブル肌用コンシーラー【リプロスキン コンシーラー】

4c8e21b0a0e255732c5541f8d08d8d9c_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)