皆さんはメイク落とし、どのようなクレンジング剤をお使いですか?

化粧品には、肌への密着性と保湿性を上げるために油分が含まれています。油分は水との相性が悪いため水だけではキレイに取り除くことができません。化粧品に含まれる油分をしっかりと落とすために、クレンジング剤の力が必要となってきます。

クレンジング剤にはオイルタイプ、ローションタイプ、シートタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、ポイントメイク専用タイプなどさまざまなタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。
効果的なクレンジングを行うために、自分の肌質に合ったアイテムを使うことが最も重要。タイプ別の使用感や仕上がりを知ったうえで実際に購入し、自分の肌との相性をチェックしてみることをおすすめします。

◆オイルクレンジング

オイルクレンジングはクレンジング剤の中でも特に洗浄力が強く、肌へのなじみも良いでの素早くメイクオフすることができます。 しかし、人によってはし洗い流した後のヌメリ感が気になる場合も。洗い上がりはサッパリとするので、乾燥対策は十分に行わなければなりません。

また、オイルクレンジングをする際は「乳化」がとても大切。オイルを水と混ぜると白濁色になりますが、実はこの状態が最もクレンジング力がある状態なのです。乾いた手でクレンジングを行った後は、少量の水を手にとってさらにメイクになじませ、オイルを乳化させましょう。

◆ジェルタイプ

ジェルタイプには油性と水性があり、油性はオイル分が、水性は界面活性剤がメイクを落とす成分として含まれていることが多いようです。水性タイプは油分が入っていな分とてもサッパリしているため、乾燥肌の人には向かないかもしれません。ただ、オイルフリーである分、肌への負担が少ないのも魅力的です。

ジェルタイプのクレンジング剤は肌に伸ばしやすく、またメイクにもなじませやすいです。弾力性があるので、肌への摩擦も軽減できます。しかしウォータープルーフのメイクを落とすのは不向き。専用のクレンジング剤との併用が必要となります。ウォータープルーフのメイクが多い人は要注意です。
基本的にどんな肌にも向きますが、さっぱりとした洗い上がりがほしいときはこれが一番です。

◆クリームタイプ

クレンジングクリームには、汚れを落とす油成分と汚れを洗い流す水性の成分がバランスよく含まれています。界面活性剤も含まれているため、油分水分が混ざりやすく、肌への負担は抑えながらも密着度は高く伸びも良いため、マッサージをしたい人にはおすすめクレンジング剤です。

クレンジング後にふき取るタイプのクリームクレンジングがありますが、摩擦ダメージを避けるためにも洗い流すのがおすすめ。皮脂を落とし過ぎず、しっとりとした洗い上がりになります。洗浄力は高いとは言えませんが、保湿効果は高いので、季節や肌の状態に合わせてクリームタイプを使ってみるのも良いかもしれません。

◆ミルクタイプ

ミルクタイプはクリームタイプと同様に保湿効果の高いクレンジング剤となっています。クリームタイプよりもさらりとした使い心地で洗浄力はやや弱めですが、肌への負担が少ないのでメイクの薄い人や乾燥肌・敏感肌の人に特に適しています。洗浄力が弱い分、ゆっくりと時間をかけてメイクオフするようにしましょう。目元のみポイント用のクレンジングを使ってメイクオフするのも有効です。

クレンジングはスキンケアの一番重要な過程であり、「その日のうちに落とす」のが原則です。汚れが残っていてはどんなに良い化粧水を使用しても肌に浸透せず、トラブルの原因にもなり得ます。
自分に合ったクレンジング方法を見極め、できるだけ肌に負担のないクレンジングを行うようにしましょう。また、同じクレンジング剤でも、使い方が誤っていては効果的にメイクオフすることはできません。
今1度、「正しい使い方ができているか」「自分の肌質に合っているか」、今のクレンジング方法を見直してみましょう。


メイクも毛穴汚れもスルッと落とす≪VCOマイルドクレンジング≫

a2811f4d2ce262584eec501f06ba9755_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)