メイクに欠かせないファンデーション。ベースメイクは肌の質感や色、トーンを作り出し、その人の与える印象に大きく影響します。
しかし、ファンデーションの商品数は数えきれないほど多く、何を基準に選べばいいのかわからない女性も多いはず。そこで今日は、ファンデーションの選び方やポイントを紹介していきたいと思います。


【各ファンデーションのメリット・デメリット】

◆リキッドファンデーション

油性成分が1番多く含まれており、伸び・フィット感に優れています。みずみずしく、しっとりとした仕上がりになり、また、色もしっかりとつくためニキビやソバカスなどのカバー力も高い商品が多いです。ただ、脂溶性肌の人や夏場にはやや重たい付け心地となっており、毛穴を油分で塞いでしまうため肌への負担も大きいです。

◆クリームファンデーション

油性成分がクリーム状になっているものが、クリームファンデーション。リキッドファンデーションとそう変わりはありませんが、油分が固めで保湿力は高いです。冬だけクリームファンデーションを使う人も多くいます。カバー力も優れており、リキッドファンデーションでは隠れなかったクマやしみがクリームファンデーションでは隠れるという人もいます。

◆パウダーファンデーション

顔料の粒子の表面を油性成分や界面活性剤でコーティングして、圧縮することで固形にしたのがパウダーファンデーション。パウダーファンデーションの利点のひとつが、簡単に仕上げることができるということ。リキッド状のものは仕上げのパウダーが必要となりベタつきもありますが、パウダーファンデーションは1つでベースメイクが完了します。
忙しくて時間のないときや、軽くメイク直ししたいときは嬉しいですよね。最近はナチュラルメイクが流行っているので、軽く仕上がるパウダーファンデーションをあえて選ぶ女性が増えています。素肌感を残しつつ、気になるところをカバーできます。しかし、油分が少ない分、カバー力や化粧持ちには劣ります。


【使い心地で選ぶ】

◆リキッドファンデーション

肌にピタッとくっついて凹凸のないキレイな肌に仕上げてくれるのは、やはりリキッド状のファンデーション。
肌への負担は大きいですが、ピッタリと肌に馴染み、立体感のある美しい肌を作り上げてくれます。多少の肌荒れもカバーできるので、気合を入れてメイクしたいときはリキッドタイプを使うのがオススメ。ブランドによって「ツヤ肌」または「マットな仕上がり」のどちらかに分かれます。

◆パウダーファンデーション

手軽に素早く仕上がるのはパウダーファンデーション。コンパクトなので持ち運びにも便利です。また、メイク初心者でもムラなくきれいに塗ることができるので、ベースメイクを初めて買う人にはパウダーファンデーションをおすすめします。


【肌質で選ぶ】

基本的に、乾燥肌の人はリキッドやクリームタイプ、オイリ―肌の人はパウダリータイプを選ぶのがお勧めです。
乾燥したスポンジに粉を乗せようとしてもうまくつかないのと同じで、乾燥肌に粉のファンデーションをつけようとしても綺麗につけるのは難しいものです。ベースのお手入れをしっかりしても、乾燥肌ということは時間と共に乾きやすくなってきてしまいますから、粉をふいてしまう可能性もあります。その点リキッドやクリームなら、ファンデーション自体もしっとりしていますから、乾燥した肌にもうまく乗りやすく、綺麗に発色します。


【肌への負担は?】

肌への負担が多いのはリキッドファンデーション。
リキッドファンデーションには水が多く含まれていますが、水は意外にも悪くなりやすいのでしっかりと防腐加工をしなければなりません。
そのため、リキッドファンデーションには防腐剤の使用が多く、最近ではミネラル成分と書かれていても、肌には決して良い成分とも言い切ることができません。さらに、リキッドファンデーションは肌への密着度が高い分、クレンジングでも落ちにくいです。
オイル状の強いクレンジングやダブル洗顔が必要となり、手で何度も顔を摩擦することは肌を痛めつけることでもあります。


いかがでしたか?最近はオイルフリーのリキッドファンデーションや、リキッドファンデーションのようなみずみずしさが出るパウダーファンデーションなど、各ブランドが機能性の高い新商品を続々と発売しています。

自分の肌に合ったファンデーションを見つけるのは時間がかかりますが、化粧品コーナーに何度も足を運んでピッタリのファンデーションが見つかるまで試供品やトライアルセットなどを試してみましょう。


崩せない人の為のプリズムCCクリーム

AI_IMG_7789-thumb-815xauto-14901
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)