最近、肌がカサカサする・・・いろんな化粧品をたくさん使って保湿して、お手入れも頑張っているのになぜだろう?
そんなこと感じる時ってありませんか?それは、保湿したつもりになっているだけなのかもしれません。
保湿は、肌のお手入れの基本中の基本です。もう一度ご自身のお手入れを、見直してみてください。


◆ こんな保湿は間違っています!

・化粧水やシートマスクだけでは、保湿は足りません
化粧水はほとんどが水分でできています。たっぷりつけたところで、肌にはバリア機能があるので肌の奥まで浸透する事はないのです。

※バリア機能とは、皮ふが外的刺激からの水分蒸発を防いだり、異物を侵入させない為のしくみの事。

・化粧水をつけた後の、しっとり感は一時的なものです
確かに、一時的には肌の表面だけが潤うのでしっとりしますが、すぐに蒸発してしまいます。

・仕上げに乳液をつけたから、大丈夫のはず?
実は、乳液の油分だけでは、水分を保持する力が足りないので、水分の蒸発を完全に防ぐ事はできないのです。
ただし、セラミドをはじめとする水分保持力が高い成分が入っているものが配合されていれば、大丈夫です。

・オイリー肌やニキビができている時こそ、保湿は必要です。
肌がベタついたりして化粧水だけで済ます方が多いのですが、保湿を行わなければ水分が蒸発してしまいますので、さらにベタつき、てかり、ニキビの状態が悪化する可能性が高くなります。

・洗顔料には保湿効果が必要?不必要?
洗顔料には、しっとりタイプなどの色々な種類がありますが、洗顔やクレンジングには化粧や汚れを落とすために油性の成分が含まれているので、すすいだ後に油分が肌の上に残って、しっとり感じる場合がほとんどです。
不必要な油分が残ると、その後につける化粧水などの効果が半減する恐れがあるので、洗顔は汚れを落とす効果を最優先にしましょう。


◆正しい保湿とは?

肌をしっとりと保たせるためには、保湿が欠かせません。保湿が不足して潤いが失われると、 肌のバリア機能が低下しカサカサと乾燥したり、ザラツキなどの肌荒れや老化の原因となりますので、保湿をきちんと行う事はスキンケアの基本なのです。

保湿がきちんとできている肌(※角質層)には、通常20〜30%の水分が含まれており、潤いが保たれています。
しかし、空気の乾燥や外的な刺激によって肌の水分が急激に奪われてしまうと、肌がつっぱりカサカサとした乾燥肌の状態になります。

このような自覚症状を感じる時には、肌の水分状態はわずか10%以下に、なってしまっていることもあるので大変です。
だからこそ、正しい保湿を行って、水分が蒸発しないようにしなくてはいけません。
しかし、保湿といえば、水分補給であり、化粧水をたっぷりとつける・・・とのイメージがありますが、水分をいくら与えても、蒸発してしまうだけですし、たとえ油分でフタをしたとしても、完全ではないので、保湿しているつもり・・・に、なっている方がとても多いのです。
あなたにも、思い当たることはありませんか?

※角質層とは、肌(表皮)のもっとも外側の層、角質細胞が規則的に10〜20層、とすき間なく重なっている。
その間にMNF(保湿成分)や細胞感脂質があって、水分を保ったり、外から異物が入らないようにバリアの働きをしている。


◆保湿の決め手は「セラミド」です

では、いったい正しい保湿をするには、どうしたらいいのでしょうか?
水分を与えて油分でフタをする・・・これが基本ですが、スキンケアを選ぶ際に保湿成分をこだわってみましょう。同じ保湿でも、もっとも水分を保持する効果が高い成分が配合されているものを選ぶと保湿効果がアップします。
おすすめはセラミドです。セラミドはもともと、人の肌の角質層に存在しているもので外的刺激から肌を守るための重要な成分のひとつです。

セラミドは細胞と細胞の間でスポンジにように水分と油分を抱え込んでおり、肌の保湿を保つためには欠かせない役割をしています。しかし、新陳代謝の過程で作られているため、老化などで新陳代謝が乱れると、セラミドが減少していきます。
赤ちゃんや子供の肌はふっくらとモチモチしているでしょう?これは、新陳代謝が活発なので、セラミドがたくさん存在しているためです。

セラミドが配合されている化粧水やクリームを、選ぶのがおすすめですが、セラミドにも種類があります。
人間の肌に近いものは、セラミド1、2、3という種類なので、類似品には気をつけましょう。また、化粧品原料のなかでも、比較的高価なので、3000円以上のものを目安に選ぶと安心ですね。

※新陳代謝(ターンオーバー)とは、表皮の代謝サイクルの事で、角質が生まれてはがれ落ちるまでの期間のことを現す。


いかかでしたか?
間違った保湿をしている方も、多かったのではないでしょうか?保湿は、スキンケアの基本ですし、美肌になるためにもっと詳しい情報を、これからもいろいろと、お伝えしていきますね。
肌荒れに悩んでいた方は、もう一度スキンケアを見直し、正しい保湿のお手入れを、続けてみてください。お肌は、必ず答えてくれるはずです。

モイストリペアジェル

TSU86_shizukugahakanaku-thumb-815xauto-12495
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)