「コラーゲン」配合ってよく聞く言葉ですが、どのような効果があってどのように摂ったら良いのか本当のところよくわかりませんね。どのような効果があって、どのように摂取するのが良いのかについて少し調べてみましょう。


「コラーゲン」とは

たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。 たんぱく質は、多くの食品にも含まれる栄養素として、その名は誰もが知っているものですが、その正体はアミノ酸が多数結合してできたものです。
コラーゲンはそのたんぱく質の代表とも言えるものであり、約10万種ある生体内のたんぱく質のうちの、実に約30%はコラーゲンが占めており、それだけ人間の身体にとって大きな存在であることがわかります。コラーゲン=たんぱく質=アミノ酸が多数結合したもの


「コラーゲン」の美容上の役割は?

コラーゲンの役割として、体全体及び臓器その他の形を作り、それらを支え、結合したり境界を作ったりしています。
第二の役割として細胞の足場としての働きがあります。この足場によって、細胞は分裂し増殖することができるのです。
これらを考えると、コラーゲンは健康や美容について言及する以前に、まず必要最低限“生きる”為に絶対に必要不可欠なものであると言えます。この“生きる”ための働きが基本にあって、その延長線上にある役割が、皆様が美容や健康面で期待されているものといえます。まずは、健康面での役割が大切なのだという事がわかりますね。

(参考:ホースペック コラーゲンとは)


「コラーゲン」の摂取方法

「コラーゲン不足ならサプリをのめばいい、と思うかもしれないが、サプリだけではだめ。アミノ酸バランスの良いたんぱく質も一緒にとることが肌のためには必要」なのだそうです。
コラーゲンというと、鶏の皮など特定の食材にだけ含まれていると思いがちだが、豚こま切れ肉や鮭、ウナギなど身近な肉や魚にも含まれる。つまり、これらの食材をとっていれば、たんぱく質とコラーゲンの両方がとれるのでより効果的な摂取方法だと考えられます。肌への効果を期待するには、ヒト試験で論文報告されている1日5~10gを目安にとるといいそうです。
20代~50代の日本人女性の食事からのコラーゲン摂取量は1日1.9gということですから、足りない分をサプリ等で補給するとよいかも知れません。

ただし、気を付けないといけないことがあります。コラーゲンを摂取していても、その効果を下げてしまう食べ物があるのだそうです。揚げ物などの高脂肪食をたくさん摂り過ぎるとよくないのだそうです。

コラーゲンをとる際にはコラーゲンの合成に必要なビタミンCも一緒にとるのが効果的ということです。体内でコラーゲンが安定して維持されるために欠かせないのがビタミンCなのです。ビタミンCは意識してたくさん摂りたい栄養素であることは間違いありません。

コラーゲンと一緒にとるとよい成分:ビタミンC、エラスチン、たんぱく質、コラーゲンと一緒にとり過ぎない方が良い成分:糖質、身体に悪い油


「コラーゲン」の効果

美容上の効果だけでなく爪が丈夫になる、髪が丈夫で太くなる、骨が丈夫になる、傷が治りやすくなるなどの効果も実証されているようです。 


(参考:日経ヘルス&メディカル)


「コラーゲン」の原料

化粧品やサプリメントに配合される「コラーゲン」の由来原料としてよく目にするのが「動物性」と「海洋性」。「動物性コラーゲン」は、ウシ・ブタなどほ乳類を原料としたもので、人に近い構造を持っています。「海洋性コラーゲン」と呼ばれるものは主に魚の皮やうろこから抽出されるもので、アミノ酸に分解されやすいことが特徴です。

(出典:ニッピコラーゲン)

牛や豚のコラーゲンが体温と同じ位の温度30~40度でゼラチン化するのに対し、フィッシュコラーゲンは20~30度でゼラチン化します。

やはり、コラーゲンと言うのは人間にとって必要なものであることはわかりました。若さの秘訣には確かになりそうです。それぞれの人に合わせて摂っていくことが良さそうですね。


累計売上22万本!【ウィンクルイージーサポートジェルEX】

TSU85_nomikomareru-thumb-815xauto-12494
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)