肌のくすみなどの解消にピーリングをやっている人は多いかと思いますが、もしよかったら「シュガーリング」をやってみてはいかかでしょうか?
塩を使った美肌ケアというのも一般的ですけど、シュガー・・・つまり「砂糖」を使った美肌ケアをやってみてもいいのでは?砂糖の凄さをきっと実感することができますよ。


●シュガーリングとは

シュガーリングとは、砂糖を使ったスクラブのことを言います。スクラブと聞くと、塩を使ったものがイメージされますよね?ですが、このスクラブに砂糖を用いることで、より一層美肌効果を高めることができるのです。砂糖の場合、塩より粒がマイルドになりますから、肌への負担が少なく、さらに、塩のスクラブで肌トラブルを起こした人でも、砂糖のスクラブだと大丈夫だという人も多いので、塩スクラブでうまくいかなかった人は、ぜひともシュガースクラブを試してみてください。シュガーリング用のスクラブもドラッグストアでいろいろと販売されていますよ。


●シュガーリングの効果

では、実際にシュガーリングを使ったらどんな効果があらわれるのでしょうか?

①敏感肌でも使える

砂糖は塩よりマイルドなので、敏感肌でも使えるのがいいですね。
そもそも、スクラブは肌のごわつきを取り除くために行うものですが、塩を使うと粒が痛くてやりたくないという人もいます。こういう人は、マイルドな砂糖を使うことで痛さもあまりないので使えるのではないでしょうか。さらに、砂糖は塩よりも粒が細かいので水に溶けるスピードも早いのが特徴です。水に溶けるスピードが速いということは、肌につけたときにヒリヒリすることはありません。

②肌に優しいピーリング

何度も言いますが、砂糖は塩よりも肌に優しいので毎日シュガーリングをしたとしても問題はありません。塩の場合は、毎日使うと肌を傷める可能性がありますからね。また砂糖は保水力が高いので、肌の上で水分を含んだ砂糖はとろりとした膜となり肌の水分が逃げるのを防いでくれるので、ぷるぷるした肌にすることができます。

③修復効果

砂糖には傷の修復効果、殺菌効果、栄養を与える効果があります。古い角質を落としてくれますから、砂糖の効果ってすごいですよね。


●シュガーリングに使う砂糖は?

シュガースクラブには市販のものがありますから、それを使ってもいいと思います。もちろん、砂糖が原料ですから、自分で作ることもできますよ。好きな方で大丈夫です。


●シュガーリングの作りかた

シュガーリングの作り方は以下になります。

【用意するもの】
・砂糖: 大さじ1
・スキンケアオイル: 大さじ1

【作り方】
砂糖をスキンケアオイルにまぜるだけです。そこに小麦粉を加えると、とろみのあるパックになります。これは全身に使うこともできますよ。


●さいごに

シュガーリングをやるときは、全身に使うようにしてください。顔だけでもいいのですが、これは非常にもったいないです。砂糖の性質である保湿効果でツルツルした柔らかい肌になることができるんですからね。
できるだけ角質が固くなる部分である、ひじやひざにやると効果を実感するのも早いかと思います。シュガーリングは、砂糖だけではなくオイルが入っているのでボディオイルを塗らなくてもいいというのもありがたいですよね♪


低刺激性保湿クリーム【薬用水の彩S】

ASE_014-thumb-815xauto-18073
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)