お肌の奥にある真皮層の約70%はコラーゲンで構成されていると知っていましたか?肌のコラーゲン量は年齢とともに減少していきます。20歳頃を境に、以降30代後半になると急激に減り、ハリや弾力、潤い不足などのトラブルが生じます。何歳になっても若々しい肌を保つためには、コラーゲンを補い保持し続けることが大切なのです。

コラーゲンは人間の体内に含まれるたんぱく質の一種で、皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、髪など身体を支える為にはなくてはならない存在です。
人間の体の中にあるたんぱく質のうち、約30%がコラーゲンで占められているといわれています。皮膚では約70%はコラーゲンが占めています。ネットの目のような構造で皮膚を支えているため、肌にハリをもたらしてくれます。

コラーゲンのうち、肌にもともと存在するコラーゲンと同じ構造である生コラーゲンやヒト型コラーゲンが注目されています。
そのポイントは三重螺旋構造というもので、お肌に近い構造を持った形をしている為、お肌の奥への浸透がスムーズだと言われています。また、保水力は加水分解コラーゲンやゼラチンコラーゲンの約2倍と期待が高まっています。

他にもヒアルロン酸やビタミンCなど、美容にいいとされている成分は数多くありますが、中でも注目したいのは生コラーゲンです。
生コラーゲンは通常のコラーゲンよりも表面積が大きく、水分を十分に吸着して高い保湿力を保ち続けるのが特徴です。一般的なコラーゲンは、加熱・分解を繰り返すうちに本来の構造が崩れてしまい、生コラーゲンと同じ機能を発揮することができません。

またコラーゲンが配合されたスキンケア用品には弱点があり、コラーゲンは空気に触れることで酸化しその効果は十分に発揮されないのです。
コラーゲンをスキンケアに取り入れる際に重要な事は、出来立てホヤホヤのコラーゲンを使うという事。出来立てのコラーゲンを使うことが1番肌に浸透しやすく長く肌に留まるためシワやハリなどに効果的だと言われています。
酸化してしまったコラーゲンを肌に乗せているとお肌まで酸化してしまい、かえって老化を進行させてしまいます。

お肌のコラーゲン量のチェックは自宅でも簡単に行えます。顔を下に向け、鏡を覗くだけ。法令線や額に皮膚が余る感触があったら、お顔たるみのサイン。コラーゲンはお肌のハリを支えている成分ですので、皮膚のたるみをチェックすれば自分のコラーゲン状態を簡易的に知ることが出来ます。

ではどのように生コラーゲンを取り入れば良いのでしょうか?
コラーゲンは美容ドリンクなどから摂取したり、スキンケア用品、サプリなど取り入れ方は様々ですが、やはりスキンケア用品から取り入れる事がオススメです。
肌に直接届き作用してくれるので早く効果を実感できます。では生コラーゲンのオススメスキンケアをご紹介したいと思います。

〔長寿の里  まるコラ〕

余計な物を一切混ぜず作られた、綿球状のコラーゲンに専用の美容を加え好みの濃度に溶かす事が出来るまるコラ。まさに出来立てホヤホヤの生コラーゲンで、保湿力の高いヒアルロン酸と、肌の弾力を呼び覚ますエラスチンを配合。この2つの成分を濃厚に配合した専用美容液でまるコラを溶かすことによって、理想的な肌の黄金比率を実現してくれます。
そして何と言ってもまるコラはコラーゲンだけをそのままギュッと凝縮した濃度100%コラーゲンで、防腐剤や添加物など一切使用しておらず高濃度なコラーゲンだけを存分に使うことが出来ます。
生コラーゲンは壊れやすく、化粧品への配合は難しいとされていますが、まるコラは綿球状にすることで、三重螺旋構造を壊すことなく生コラーゲンを作る事に成功したのだそうです。
肌の奥まで働きかけるため、ハリのあるキメの整った肌へ導いてくれます。

まさに理想的な生コラーゲンの形を保ちながら、出来立てのコラーゲンを存分に楽しむ事ができますね。
年齢と共にお肌がたるむのはもうお終りにしませんか?気づいた時からケアすれば、今のお肌の状態を維持することも不可能ではありませんよ。



4a9e2f804d71711afc80863a4cbcdeb7_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)