鏡を見た時や写真を撮った時に、何となく顔に違和感を覚えたら、もしかしたら顔が歪んでいる可能性があります。顔の歪みは美顔の大敵です。顔の歪みが気になったら、歪みを直して、左右対称の顔になるようにしていきましょう♪

●顔の左右非対称と左右対称の違い

顔の左右非対称とは目やまゆげの位置などが、左右でずれていることを言います。逆に左右対称とは、目やまゆげの位置などが左右まったく同じ位置にあることです。
左右対称の場合、美人に見えると言われ、非対称の場合は、好感度もどんどん下がってしまうので一度自分の顔を確認してみてくださいね。

●なんで顔の歪みを引き起こすの?

顔の歪みの多くは、日常の行動で起こっていまします。

・同じ方ばかり頬杖をつく。
・座ると足を組んでしまう・同じ方ばかり足を組む。
・立っている時に左右のどちらかの足に重心をかけている。
・猫背・姿勢が悪い。
・食事の時に左右どちらか片方で噛む。
・カバンをいつも同じ方に持つ。
・寝る時に同じ方を下にして寝ている・うつぶせで寝ている。

上記のような行動は、誰しもがとってしまうところですが、左右のどちらかに重心をかけてしまうとバランスが崩れて歪んでしまうんですよね。

●簡単・顔の歪み度5チェックポイント

まずはまっすぐ鏡を見て、顔の左右の違いを確認しましょう。

1. 目の大きさが違う、位置がズレている。
2
. 鼻筋があごまで真っ直ぐではない、小鼻の形が違う。
3. 口角の形が違う。
4. 頬の膨らみ方や顎のラインが違う。
5. 口の両端を結ぶラインと両目を結ぶラインが平行でない。

上記の事項にたくさん当てはまると、顔の歪みが大きいと判断できるでしょう。

●頭蓋骨マッサージのやり方

顔の歪みを矯正するのにいいとされる頭蓋骨マッサージをご紹介いたします。

1.顔のゆがみ矯正マッサージ

①入手のひらを両耳の前から頬の部分に当てて、右手は頬を後ろ方向にねじる。左は前方向にねじりながら、ゆっくりと口を5回、開けたり閉じたりする。同じ動作を、ねじる方向を左右逆にして行いましょう。

②右手を額にあてて、左手で顔の正面から両頬骨を掴む。
そのまま右手は右方向に額(おでこ)を引っ張るようにし、左手は頬骨を左方向へ引っ張りながら、口を開けたり閉じたりを5回繰り返す。
手を左右逆に入れ替え、反対側も同じように行ってください。

右のこめかみを境にして、右手を耳の前の頬に手を当てて下方向に引っ張るようにし、左手はこめかみを引っ張り上げるように手を当てる。そのまま、上下に引っ張りあうようにしながら、口を開けたり閉めたりを5回繰り返す。

2.ベロ回し

①口を閉じ、ベロで歯の周りを2秒~3秒で1回という感じでグルグルまわす。
右回り50回、左周り50回どちらも行う。

20回できない方はかなり弱っているということがわかります。
10回くらいから後ろ頭が痛い方は筋肉が弱りきっているという判断ができるそうです。

顔のゆがみを治すと、顔の筋肉の位置が正しい位置に戻りますから、左右対称になって美顔になるばかりか、肌の張りが戻ったり、たるみの解消にもなるんですよ。
また、リンパの流れもよくなりますからね。
顔にもいいことが起こりますし、体全体にもいいことが起こります。
特にアンチエイジング効果を期待できるようになるのではないでしょうか。
頭蓋骨マッサージですから、あくまでも無理は禁物ですよ。

モデルも来店!小顔/美脚/骨盤の美矯整サロン 『サイズダウン ビューティーデザイン』

b173ab5ad39bce569b855102c024702f_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)