卵白洗顔を毎日やると、肌のキメが細かくなり化粧ノリもよくなると話題を呼んでいます。
卵白洗顔って何?!と思った方、今回は卵白洗顔についてお話をさせていただきます。


●卵白洗顔とは

卵白洗顔とは、卵白で顔を洗うことです。そのままですね(笑)
卵を卵白と卵黄に分けて卵白の部分のみ使って洗顔をする方法ですが、スウェーデンでは習慣的に行われている洗顔法なんですよ。


●卵白洗顔の効果

卵白洗顔の効果は以下のようなものがあります。

①保湿効果
保湿を助けるための成分であるタンパク質が卵白にはあります。
その成分が肌の再生を促して保湿効果を高めてくれます。

②毛穴の汚れを落とす効果
卵白にはレシチンとリゾチームという成分が含まれており、皮脂を落とし毛穴の中の黒ずみなどを落としてくれる作用があります。

③古い角質を取る効果
卵白に入っている酸性のアミノ酸は角質を取ってくれる成分も入っています。

④シミやくすみを予防
卵白に入っている酸性のアミノ酸はシミの原因になるメラニンを吸収する働きがありますので、シミやくすみにも効果的です。シミやくすみを予防するわけですから、美白効果が期待できるということですね。


●卵白洗顔のやり方

さあ、さっそく卵白洗顔をやってみようと思っているのであれば、やり方を知らないとできませんよね。

■準備するもの■

・賞味期限が切れていない新鮮な卵
・タッパーやボウルなど卵白を入れる容器

1.卵白を取り出す
卵の先端に2cmほどの穴をあけ、そこから白身を取り出しましょう。
卵黄は使わないので、料理などで使ってくださいね。

2.卵白を塗り広げる
朝と夜に半分ずつ使用しますので、夜の分は冷蔵庫で保存してください。
卵白を手ですくい、顔に塗り広げていきましょう。
卵白ですから、ドロっとしていますし、落としてしまいますので、顔の下にケースを置き少しずつ塗っていきます。

3.卵白で軽くマッサージ
顔に塗ったら優しくマッサージしていきます。
プルプルしていた卵白の手触りがスルッと軽くなる瞬間がありますが、脂汚れが乳化して落ちた感触となります。

4.水かぬるま湯で洗い流す
脂汚れが落ちた感触を感じたら、水かぬるま湯で洗い流しましょう。
お湯を使ってしまうと卵白が固まってしまいますので、これは肌荒れの原因になりますから、お湯はつかわずしっかりと洗い流してくださいね。

5.スキンケア
卵白洗顔後は、何にもつけなくて大丈夫です。ただ、やはり化粧水はつけたほうがいいですね。
化粧水、美容液、乳液、クリームもつければなおさらぷるぷる感が増すのではないでしょうか。


●ニキビがあるなら?

ニキビがある場合は、ニキビ専用の化粧水でケアしてあげましょう。アナタ自身の肌の状態に合わせてスキンケアをすれば大丈夫です。


●春と夏がオススメ

卵白洗顔は、特に皮脂が増加しがちな春や夏に行うことをオススメします。
寝ている間に分泌が盛んになった皮脂をさっぱりと洗い流してくれますので、肌荒れの防止にもつながりますからね。


●さいごに

卵白洗顔によって現れる効果は、人それぞれ違いますが、シミがうすくなった、シワが減った、色白になった・・・など、たくさんの報告が挙がっているようです。
卵殻膜にはコラーゲンⅢ型細胞を活性化する働きがありますので、これからもどんどん卵白の力が解明されていくのではないでしょうか。ある意味、卵白洗顔はシンプルだけで最強の洗顔法なのかもしれませんね。

7年連続1位!韓国の完全無添加洗顔石鹸【HappyTouch

AI_IMG_7769-thumb-1000xauto-12528
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)