二重に憧れて、アイプチなどで二重にする人はいます。でも、二重は二重でいいことばかりじゃないんですよ。
二重なりの気苦労があるので、今回は、二重さんのためのアイメイク法をご紹介致します。


●一重と二重の違い

まぶたの種類を分けるとすると、「一重まぶた」「二重まぶた」の2つになるでしょう。では、一重まぶたと二重まぶたの違いは何でしょうか?
一重まぶたと二重まぶたの違いは、ラインが入っているかどうかという見た目の違いもありますが、それ以外に、根本的な構造の違いもあるのです。眼瞼挙筋という筋肉がまぶたを持ち上げますが、この時にまぶたの皮膚が厚めだったり、脂肪が多めだったりすると、キレイにすべてを持ち上げることができません。
そうなると、目の上にまぶたが被さった状態になるのですが、これが一重まぶたの構造となります。
二重まぶたは、上まぶたのまつ毛の少し上に溝があって開けた時に折り畳まれて二重になるのが「二重まぶた」です。


●二重まぶたの種類

大きく分けると「一重」と「二重」ですが、二重の中にもさらに「種類」があるんですよね。
二重まぶたには、主に以下のような種類があります。


・末広型
日本人がもっとも似合うとされている形の二重となり、やや控えめな印象を与えるまぶたです。
ナチュラルメイクが向いているタイプですね。

・奥二重
まぶたの奥に二重が隠れている状態のまぶたです。
ぱっと見一重に見えるのですが、よく見ると二重です(笑)メイク方法によっては普通の二重に見えます。

・幅の狭い平行型
二重の幅が一定で、その幅が比較的狭いタイプとなり、目が大きく見える二重まぶたです。

・幅広の平行型
二重の幅が全体を通して幅広で一定であるため、目がとても大きく華やかに見えるものです。
ばっちりメイクが似合う二重ですね。


●二重のためのアイメイク法

二重は二重でメイク法を変える必要があります。というのも、ばっちりメイクが似合わない二重なのに、バッチリしてしまうと、ただ濃いメイクになりますからね。

・奥二重まぶた
1.ジェルペンシルでまつ毛とまつ毛の間を埋める
2.インサイドにもラインを入れてフレームを際立たせる
3.目尻のラインを伸ばし、目の横幅を大きく見せる

このメイクのポイントは、アウトサイドラインは囲まないようにすること、インサイドラインはブラウンにすること。目頭から目尻まで丁寧にラインを引くことで、目が大きく見えます。奥二重はとても愛らしい瞳という印象を与えますから、ピンク系のがいいですね。

・二重まぶたのアイメイク法
1.ペンシルをまつ毛の下から入れて、まつ毛とまつ毛の間を埋める
2.小指を頬に当てて手元を固定して、少しずつラインを太くしていく
3.ペンシルをまつ毛の下から入れる

二重まぶたの場合のアイメイクは、面で瞳をアピールすることです。これで、上品な印象を与えることができますよ。イマイチわかりづらいかと思いますが、薄い色をまぶた全体にぼかしてから、二重のラインに濃いアイシャドウを塗るということですね。


●さいごに

一重まぶたは何だか貧相に見えて嫌だ・・・と思っている人も多いのですが、実は一重まぶたは、外人さんにはとても好まれるものです。日本人女性らしい目元なのでしょうね。
でも、やっぱり二重になりたい・・・と思っても、二重にしたらしたで、二重はメイクをするにも制限が多いので、苦労しやすくなるんですよ。だから、アイメイクを上手にできるようにしたいものですね。




436590073d5d0e8de52509307382662d_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)