寒い季節。この寒さを味方につけて、思いっきり彼に抱き付きたいな・・・って思っているアナタ。

その気持ちはよーーーーくわかります。でも、ちょっと待って。体臭・・・大丈夫ですか??

●臭いがきつい部位&対処法

臭いの原因は、「アポクリン汗腺」が関係していますので、臭いがきつい部位というのはアポクリン汗腺が集まっているところだと言い換えることができますね。

・足・かかとや指の間

足の裏は 皮脂腺、アポクリン腺が集中しているところとなり、靴下や靴を長らく履くことで雑菌が繁殖しやすくなります。靴を脱いだときに自覚しやすい部位となるでしょう。
汚れやすい上に臭いが落ちにくいので、足の臭いケアだけでは足りません。靴・靴下ともどもに3つ巴のケアが必要となりますから、足はきっちりと洗って、靴下も靴もきちんと洗うようにしてくださいね。

・鼻の両側・小鼻

イチゴ鼻と呼ばれる箇所で毛穴に皮脂がたまりやすくアポクリン腺も多くあるのが鼻です。
ここは自分ではわかりにくい場所ですが、彼とキスをしたりするときは近づける場所なので、ニオイは消しておきたい場所ですね。ここもまた、洗顔によってキレイに汚れを落とす必要はあるでしょう。

・耳の後ろ・耳の中

皮脂腺、アポクリン腺が集中していますし、雑菌が繁殖しやすい場所なうえに、汚れを落としにくくニオイも気づきにくい場所です。
お風呂に入ってもここを重点的に洗う人が少ないので、ここはしっかりと洗うようにしましょう。
加齢臭が出ているところも、耳の後ろや首の後ろだと言われています。
抱き付いたときに、彼にとっては耳が一番傍にきますから、ダイレクトににおわれると辛いものがありますよ(苦笑)

・股間・デリケートゾーン・乳首のまわりなど

フェロモンゾーンと思われる部位であり、これらもアポクリン腺が集中しています。
素肌でいられる部位ではないので 蒸れ易いのも問題なのです。
細菌も繁殖しやすい部位ですが、ここは固形石鹸など専用の石鹸で洗った方が臭いもなくなります。

・ワキ

人間の本当のフェロモンゾーンと言われるのは、対面したときに相手の鼻に近い部位であるワキだとのこと。
ワキの下はアポクリン腺が最も多い部位ですから、ワキガなどと言われるのですね。
匂いが異性を惹きつける生物としてみれば 理にかなっている事でもありますが、それでもやっぱり臭いが強いのは嫌なものです。
普段は両腕で閉じられていることが多く、汗をかきやすい部位でもありますが、発散しにくい部位となりますので、雑菌を繁殖しやすくニオイも強まります。
ワキの場合は、清潔にして洗うというのは当然なのですが、普段は制汗剤なども使用して対策しておくといいでしょう。

●フェロモン=「ニオイ」

「ニオイ」はその人のフェロモンだと言われてきていました。ですから、海外では、ワキガの人の方が魅力的だとも言われています。
まあ、ここは日本ですからね。「ニオイ」があるのはイヤだという考えが定着しているものです。
ただ、「ニオイ」=臭いものという考え方は間違っている・・・ということだけは知っておいてほしいなと思います。

●さいごに

せっかくの寒い季節ですから、堂々と彼に抱き付きたいものですね。
抱き付いたときにいい匂いだと思わせることができたら、彼はもっとアナタを抱きしめたいと思うことでしょう。
ここで香水の強さでだましだましの匂いをかがせるよりも、自然体でいい匂いをかいでもらえるようになるといいですよね。



d71121d8e1da33cb23f0aa252ae901d3_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)