お風呂に入って、1日の疲れを取って、あ~さっぱりした。とてもリフレッシュしたお風呂上がりですが、それで終わりではありません。顔、ボディにスキンケアをしてあげるように、髪の毛もケアしてあげてくださいね。


①髪の毛はすぐに乾かす

頭を洗ってタオルドライした後は、すぐにドライヤーで乾かしましょう。頭皮は、顔と同じ1枚の皮膚です。
濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすい状態になりますから、絶対に放置なんてしてはいけません。顔のケアが終わったら、すぐに髪の毛を乾かしましょう。できれば、顔のケアと平行しながら乾かすといいですね。
化粧水などが皮膚に浸透するのは早くても数分かかりますから、その間にドライヤーで髪の毛や頭皮を乾かすのが利口なやり方ですよ。

②保護剤をつけてドライヤーを当てる

何もつけずにドライヤーの熱を与えてしまうと、ものすごく痛みます。ですから、洗い流さないタイプのトリートメントをつけましょう。ドライヤーの熱はとても熱いので、髪の毛の水分が抜けてパサつきやすくなってしまいます。
ばさばさした髪は、それだけ水分がないということです。保護材をつけて、ドライヤーの熱で潤い成分を髪に浸透させるようにします。

③髪の内側から髪を乾かす

髪の毛を乾かす時は、髪を内側から手で持ち上げてその手の付近から乾かし始めましょう。つまり、根元からです。ただ、頭皮や毛先ではなく、頭皮に近い髪の毛から乾かすということです。毛先はもともと乾きやすく、その分痛みやすいところになりますので、直接ドライヤーの熱を当ててしまうと、その時点で痛みます。
さらに、頭皮にも直接ドライヤーの風を当てないようにしなければ、水分が奪われて乾燥してしまいますから、抜け毛などの原因につながりますよ。また、ドライヤーの風を一カ所に当て続けず動かしながら乾かすようにしてください。

④冷風で乾かす

仕上げはは必ず冷風で乾かすようにしましょう。そうすることで、髪と頭皮の栄養分が逃げず、うるおいのある髪と頭皮になります。髪の毛は冷える時に形状が決まりますので、この時に自分好みの毛先の向きなどにするといいでしょう。


●きれいな髪を作るために

1.タオルドライのやり方に注意しよう

お風呂上りにタオルドライをするかと思いますが、バスタオルで髪をクシャクシャ拭いてしまうのは絶対にダメです。髪の毛は、水やお湯で濡らす事によって鱗状になったキューティクルを開かせることになります。
キューティクルが開いた状態というのは、汚れを落としやすく、その状態でシャンプーをすることによって髪の汚れを落としているのです。
トリートメントは、その開いたキューティクルの隙間から髪の芯まで浸透させるため、ツヤツヤの髪を手に入れることができるのです。しかし、キューティクルが開いているということは、良いことばかりではありませんよ。キューティクルが開いた状態というのは、髪の外からの刺激を防御する力が無くなっているということになります。
タオルドライの際に、クシャクシャにしてしまうと、タオルでの刺激や髪同士の摩擦で、トリートメントの効果を下げてしまいます。濡れた髪を拭く時は、タオルで髪を押さえて水分を吸収するようにしましょう。
頭皮を優しく拭くようなイメージで十分です。

2.自然乾燥はやってはいけない

お風呂上りで対オルドライをした際、「摩擦で痛むんだよね」と思うかもしれませんが、だからといって自然乾燥をしていいわけではありません。キューティクルが開いていますから、髪はすごい無防備だと言えます。ここで摩擦などが加われば、ものすごく痛みますから、注意しましょうね。


●さいごに

いかがでしたか?髪をぬれたまま放置するのは、髪にも頭皮にも良くないことですから、簡単に自宅ケアをやるようにしてください。

100%天然成分 たっぷり使えるヘアエッセンス【アミンゲン】

CRI_IMG_6106-thumb-815xauto-18013
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)