メイクのプロでなくとも、メイクブラシを使って毎日のお化粧をしている女子は多いと思います。チークブラシにアイブラシと様々なサイズを駆使して可愛く変身する姿はプロさながら。

しかし、いつも使っているメイクブラシのお手入れはちゃんとしていますか?頻繁に洗うものではありませんが、ずっと使いっぱなしにしていると雑菌が繁殖して肌荒れの原因ともなってしまいます。今回はメイクブラシのお手入れ方法についてお話していきたいと思います。


【毎日のお手入れ方法】

・使用後のお手入れ

ブラシ使用後は手の甲や手のひらで筆の表面を軽くはたき、粉を落とします。粉が落ちきらないとき・色残りが気になるときはティッシュで軽く拭き取ってください。テーブルにティッシュを敷いて、筆の表面だけを滑らせるように優しく拭き取りましょう。使う度に拭いておけば、洗浄の頻度を抑えて、清潔さを保つことができます。

・ブラッシング

ブラシを長持ちさせるためには、マメにブラッシングをしてあげましょう。少し粗めのコームで根本から毛先に向かってとかしてください。先端から徐々にほぐすようにブラッシングすることで、穂先の中に入り込んだコスメや汚れが掻き出されてキレイになります。

・水洗いはなるべく避ける

水洗いした場合、中の方の毛や金具の中が乾きにくく、乾いたように見えても湿り気が残りやすいため、雑菌が繁殖しやすくなり毛切れや抜け毛の原因となります。そのため日頃からの丁寧なお手入れが必要となってくるのです。

【メイクブラシの洗い方】

ブラシに臭いやべたつきがあるなどの汚れがひどくなってきた時は、毎日のお手入れに加えてブラシを洗う必要があります。

・ベビーパウダーで洗う場合

ベビーパウダーやフェイスパウダーなどを使ってブラシを洗うことで、穂先に残っていたチークなどがパウダーに移り、ブラシをキレイにすることができます。

ベビーパウダーの入ったビニール袋に汚れたブラシの穂先を入れ、袋の口をしっかり押さえ、袋の中でブラシとパウダーをなじませます。パウダーに汚れが移ってきたら、袋からブラシを出して穂先についた粉をはたいてブラッシングをします。これを何度か繰り返してパウダーに色が移らなくなったら軽くティッシュオフしてブラッシングしてクリーニング完了です。

・ぬるま湯で洗う場合

どうしても水洗いしたい場合はぬるま湯でやさしくすすいであげましょう。コップなどの底の深い容器にお湯を入れて、中で振り洗いして下さい。汚れが落ちにくい時は、刺激の少ない固形石鹸などを使って洗って下さい。ブラシに洗浄成分が残ったまま使用すると、ブラシの劣化や使用感の悪化につながるため、十分にすすぎましょう。

乾かすときはドライヤーを使ったり、日光に直接当てるのはNGです。日の当たらない通気性の良いところで1日半以上はかけて乾かしてあげましょう。この時毛先が下向きになるようにつるして乾かすと根本までしっかり乾かすことができます。

それでも汚れが落ちない場合や抜け毛が気になる場合はブラシを買い換えましょう。ブラシは消耗品ですので、長くとも3年が交換の目処です。大事に使って長持ちさせるのはもちろん、新調して使うことも大事なのです。料理人が包丁を大事にするごとく、女子もメイク道具は丁寧に使っていきたいものですよね!



b63556708bb40bc111e0f3f76a4bf0ec_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)