年齢と共にいろいろな肌トラブルが問題視されています。シミやシワもそういった原因 の1つですが 、それら以外にも輪郭がぼやけるといったことも年齢と共に起こってしまうのです。
昔では、はっきりとフェイスライン、そして首というように分かれていたのにもかかわらず、大人になればなるほど首と輪郭の境目が分からなくなってきてしまう!という事態が起こってしまいます。とても怖いことですよね…。
それらの原因はいろいろな日々の日常や私たちの日々の癖などで、どんどん進んでいってしまうことだと言うことに皆さんはお気づきですか?

顔のたるみは年をとってからではなく今では20代から始まっていると言われているのです。顔がたるんでいるだけで10歳 も老けて見えるというのはとても悲しい事ですよね。それではあなたの顔はたるんでいるか?たるみのチェック方法についてお話していきたいと思います。

まずは、鼻の横の頬の毛穴が楕円形に目立ってきているか?下まつげに影クマができていないか?法令線がハの字型に目立ってきていないか?その法令線にファンデーションは入り込んでいないか?無意識の時に口角が下がっていないか?そして、昔と比べて顔が大きくなっていないか?
これらにもしも当てはまるようなら、あなたの顔は実年齢よりも周りから老けて見えているということになります。

こういったことが起こってしまうのは、顔を作っている筋肉の老化が原因で起こるといわれています。
顔を作っている筋肉の老化が進んでしまうと、皮膚がたるんでしまうのは当たり前の話。顔の皮膚全体がたるんでしまい、目の下や頬など目で見てわかるぐらいになってしまうのです。
そして皮膚の真皮層によるコラーゲンや、エラスチンなどが加齢により減少してしまい、皮膚の伸縮性が鈍くなり肌のハリや弾力が失われたるみの原因ともなっています。
その他にも紫外線により生み出された体内の活性酸素は、先ほども書いた真皮層にあるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊してしまい、皮膚の老化早めることとなってしまいます。

私たちの日々の日常でこういったことが起こってしまうなんて、どうしたら改善策が見つけられるのか気になりますよね。
私たちは毎日、携帯やパソコンをどれくらいの時間見つめるのでしょうか?
パソコンや携帯を長時間使用する方は注意が必要です。首の位置のズレがよく起こってしまったり、体が無意識のうちにバランスを修正しようとして首の筋肉に余計な緊張がかかったりと、どんどん体のラインは崩れていってしまうのです。

常日頃から、パソコンや携帯を長時間見た場合、顔のスキンケア以外にも首の緊張ほぐしていくことが重要となってきます。
首の緊張を取り除く方法は、まっすぐな姿勢で首の力を抜いて顔を天井に向けます。頭の重さに委ねる感じでゆっくりと後ろに倒していくのです。
そしてリラックスしながらゆっくり頭を一周させます。ウォーミングアップの基本は、あいうえお体操となっています。

「あ」のポイントは、口をゆっくりと縦に大きく広げ、「あ」の形をつくるとともに、目を大きく見開き、息を吐きながら10秒間「あ」と言い続ける。
次は「い」のポイントです。口をゆっくりと横に大きく広げ「い」の形をつくるとともに、目も横に伸ばすようなイメージを意識します。そして息を吐きながら10秒間言い続けてください。
そして、「う」のポイントは、目と口をゆっくりとすぼめていき、「う」の口の形をつくっていきます。また息を吐きながら10秒間。
「え」と「お」は、次回のエクササイズの記事と一緒にお話しさせていただきたいと思います。



28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)