ビタミンCはお肌に良いということは皆さん百も承知だとは思いますが、だからと言って塗ればいい・摂取すればいいというわけではありません。ビタミンCを全面的にアピールするスキンケア商品が増えてきましたが、そもそもビタミンCだけではお肌に浸透する前に酸化してしまう事が多いので、ビタミンC配合の化粧品を使うとお肌が黒く感じるという声が多いです。

そうして出来たのが、ビタミンC誘導体化粧品です!その言葉通りビタミンC誘導体は酸化を防ぐために、他の分子とくっつけることによりお肌に届くまでビタミンCを守ってくれるナイトのような役割をしてくれます。
ですが、守ってくれているナイトの分子は、お肌に触れることで離れビタミンCへと変化してしまい皮膚組織に浸透していく前にお肌の中にある活性酸素によりビタミンCは酸化させられてしまいます。

そうなってしまったら、折角いい化粧品を使っていても意味がないし、効果を感じることは皆無ですよね。
今回は、そんなビタミンCととっても相性のいい成分と、体内に摂取するビタミンCの効果的な方法をお話していきたいと思います。


【ビタミンC誘導体だけで判断してはダメ!共にフラーレンが入っている事を確認すること!】


抗酸化作用はビタミンCにも含まれていますが、ビタミンCの弱点は持続力と安定力の無さです。ですから、ビタミンCを単体で摂取しても大いに力を発揮してくれるのは難しくなってしまいます。
ですが、ビタミンCに鉄壁のガードをもたらしてくれる成分フラーレンが手を組んでくれることにより、成分たちは酸化してしまう前にお肌に浸透していってくれるのです。フラーレンはエイジングケア化粧品に含まれていることが多く、紫外線対策や老化からお肌を守ってくれる強い味方です。
そのフラーレンとビタミンC誘導体がタッグを組むと、フラーレンがお肌に潜む活性酸素を自身付着させ掃除機の役割をしてくれるのです。その為、ビタミンCは害されることなくお肌に溶け込み、その成分は発揮されます。

また、日中はビタミンC誘導体やビタミンC配合化粧品は控える方がいいとされてきましたが、フラーレンが含まれているモノであれば、その心配はありません。
先ほども書きましたが、ビタミンCを塗るとお肌が酸化し黒く感じるのは、紫外線により抗酸化成分が壊れやすくなってしまうからなのです。ですが、フラーレンの特徴は持続力と安定力なので壊れずに済むのです。


【ビタミンCと共に摂ることでイイとされる成分はタンパク質】

私達の生活に欠かせない食事、毎日の食事で必要な栄養素は補えていると思いますか?
答えはNOです。その中でもタンパク質を一日必要な量を摂取している人はボディビルダーや、アスリートなどの体のメンテナンスが不可欠な人だけだと思います。
その理由は、お肉を仮に100gを食べたからと言ってタンパク質100g摂取というわけではなく、脂肪や水分も含まれているのでその内の15gほどしか摂ることは出来ません。なので、私達が思っているほどタンパク質は日々の食事では補えないのです。
そのためコラーゲンもどんどん減少していき、お肌のたるみなどに繋がってしまいます。一番効果的な方法は、植物性タンパク質のプロテインとビタミンCの組み合わせです。
コラーゲン生成には必要不可欠なビタミンCとタンパク質を摂取することで、外側からだけではなく内からも手助けしてあげる事が大切です。正しい方法で、ビタミンCを体の中に取り入れ、もっといつまでも若々しい私達でありますように。

美容は一日にしてならずです!毎日の継続力が、いつかの私達の顔や体に現れていることでしょう。


7495f9d447e29c1a19e3cb4e77a1f143_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)