あの頃のハリのあるぷりぷりのお肌に戻りたい……
女性なら誰しも肌の時間を戻したいと思うもの。若い頃は特別なスキンケアなど何もしなかったのに……と悔やんでも仕方ありません。

若い頃には若い頃なり、年齢を重ねればその年齢に必要な美容成分を補わなくてはいけません。
昔から変わらずに同じスキンケアや美容法を行っていては、肌を向上させる事はできません。年代にあったスキンケアや美容法をご紹介したいと思います。

10代20代頃の主な肌トラブルといえば、ニキビや赤ら顔、ソバカス、乾燥などが多いですね。10代の女性の悩みで特に多いのがニキビによる肌荒れです。
成長ホルモンが盛んに分泌される時期という事もあり、皮脂が過剰に分泌されてしまいニキビが出来やすい環境になっています。毛穴にはアクネ菌が存在し、アクネ菌がニキビを化膿させる原因になります。
思春期ニキビは、特に春から夏にかけて起こりやすく、汗をかいたら洗顔フォームなどは使用せず顔を洗うようにするだけでニキビを軽減することができます。
また、甘いものや油分の多い食品を食べ過ぎると、肌荒れが起きやすい状態になりますので、食べ過ぎたらビタミン等を補給し肌の免疫力を高める事がおススメです。

20代になると、10代の頃に出来てしまったニキビ跡がなかなか消えず、そのままシミになってしまったという話をよく耳にしますが、ニキビ跡に紫外線ダメージを受けると、そのまま色素沈着を起こしシミになってしまうのです。
ニキビ跡が残ってしまう原因として、ターンオーバーが乱れ始め古くなった角質がなかなか剥がれ落ちない状況になっている事にあります。
またターンオーバーと乾燥には深い繋がりがあり、お肌が乾燥する事により肌の奥まで水分が送られず、新しい細胞を作り出せなくなっているのです。
その為ターンオーバーが乱れ、シミやニキビ跡などが残ったままになってしまうのです。逆をいえば、肌が水分で満たされていれば、ターンオーバーを正常化する事ができ美しい肌へと導くことができます。

20代後半から30代になると、シワやタルミ、毛穴の開きなどが目立ってきます。若い頃ついついメイクを落とさず寝てしまったツケが回ってきたとでも言いましょうか…
悲しい事ながら人間は生まれた頃から徐々にコラーゲンが減少し、20歳頃を境に体内でコラーゲンは作られなくなってしまいます。
補わなければ消費される一方で、更に日常生活で発生した活性酸素により健康な細胞が攻撃され、細胞が破壊されてしまいます。破壊された細胞は最悪の場合、ガンにまで発展してしまうのです。
活性酸素の影響はお肌にもダメージを与え、肌の老化の原因にもなっています。肌のターンオーバーを正常化し、活性酸素の発生を抑える事で今のお肌をキープすることが出来ます。

20代30代以降のスキンケアに必要な主な成分として挙げられるのは、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸です。
お肌の奥では、コラーゲンがネットの様な役割をしており、コラーゲンに包まれる様にヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどお肌にハリを与えてくれる成分が存在していますが、上記でお話しした通りコラーゲン量が減少することで、支えがなくなりタルミの原因になってしまいます。老化の進行を止めたり、改善していくにはコラーゲンの補給はとても重要な事なのです。

コラーゲンを補う際に気を付けたいポイントとして、酸化していない出来たてのコラーゲンを取り入れる事。
そこでオススメしたいのがフリーズドライ製法で生成されたコラーゲンパウダーに、専用のウォーターエッセンスを混ぜ合わせて作る、出来たてホヤホヤの生コラーゲン「リポコラージュ ラメラエッセンス」です。
お肌とほぼ同じ成分の集合体ラメラカプセルと、分子の小さい生コラーゲンが角質層の構造を整えて、引き締め、潤い、毛穴などに積極的に働きかけてくれます。
保水力たっぷりの生コラーゲンをそのまま浸透させることにより、角質層を根本的にケアし
てくれる一本なのです。

若い頃にはなかった肌トラブルには、コラーゲンの減少が深くかかわっているということがお解り頂けたと思います。
まだまだ若いからと思っていても、エイジングケアは気づいたときから行えば、より若いままの肌を長く保つことができます。
今から始めてよかったという結果を出せる様に、少しずつケアの方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。




d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)