頭皮に関わる悩みのなかでも、多くの人たちが抱えているのが「抜け毛」や「薄毛」ですよね。
抜け毛や薄毛を防止するためには、何といっても頭皮ケアが大切です。さらに、肌だけではなく頭皮の乾燥も防がないとどんどん薄毛になっていってしまうんですよ。

●頭皮の乾燥と薄毛の関係を知る

一般的には薄毛の悩みは脂性肌の人が抱えやすいものです。
脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多すぎますので、その分毛穴を詰まらせます。
ニキビ、フケなどのトラブルもさることながら、抜け毛もどんどん加速させてしまうでしょう。

じゃあ乾燥肌は関係ないんじゃない?となりそうですが、極端な乾燥状態も長く続くことによって、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

●頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下

頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下します。
バリア機能が低下することによって、雑菌やウイルスの侵入を許し、繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

雑菌などが入ると、吹き出物が増えて抜け毛に繋がります。
さらに極端な乾燥状態が続くと皮膚の表面がはがれおちる形でフケが増えてしまうので、注意が必要です。

また乾燥すると頭皮が硬くなり血行も悪くなりますから、毛根部に酸素と栄養がうまくいきわたらず、発毛も育毛もされなくなってしまうのです。
乾燥は、肌だけじゃなく、髪の毛の育成にも深くかかわってくるってことですね。

●頭皮の乾燥と薄毛ケア

頭皮の乾燥と薄毛ケアに大切になのがシャンプーです。使用する商品は注意深く選ぶようにしましょう。

つまり、薄毛の人に合ったシャンプーを選ぶ必要があるということです。
薄毛対策に有効なのは、以下のような特徴を持つシャンプーです。

・洗浄力がありつつも、肌への刺激が強すぎないもの
・保湿力が高いもの
・抗酸化作用が期待できるもの

育毛に有効な成分を含んでいるシャンプーなら、よりいっそう薄毛対策ができるはずです。

薄毛対策ができるシャンプーを選ぶ場合は、以下のような成分が含まれるものを選びましょう。

・大豆イソフラボン系
酢酸DL‐α‐トコフェロール
グリチルリチン酸ジカリウム
タマサキツヅラフジアルカロイド

シャンプーは、どうしても肌に合う合わないがでてきますから、迷ったら顔など、頭皮以外の場所を洗ってみて、違和感がないか確認するといいですね。
もし合わないものを使ってしまうと、より薄毛が進んでしまいますからね。せっかく薄毛対策のシャンプーを使っているのに、薄毛が進行したら絶対嫌ですからね。

●おさらい

・薄毛には頭皮ケアを

乾燥と薄毛には頭皮ケアを欠かせません。頭皮は毛髪の土壌ですからね。土壌が悪いと、何も育ちません。

・肌が乾燥している場合、頭皮も乾燥していると思うべき

肌にうるおいがあるときは、角質層に約20%の水分量があると言われています。
角質層が整っていないと皮脂膜を作ることができずバリア機能が失われますので、肌が乾燥しているときは、頭皮も乾燥していると思いましょう。

●さいごに

頭皮の水分が失われ乾燥しているときは、頭皮も硬くなって血行が悪くなります。血行が悪くなると栄養がいきわたりませんので注意しましょう。
血行の状態は頭皮の色をチェックすることで判断できますので、頭皮が白い場合は健康、赤くなっていると要注意だと思いましょう。
頭皮の血行に効くのはマッサージです。マッサージで頭皮の硬さを柔らかくして、血行をよくして血流をよくするようにしてください。



179b4764674d8d35562a1c8ce74a09cb_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)