脚が細くて長い人って憧れますよね。元々細くて長いという人もいるかと思いますが、靴でそうやって見せている人もいるってご存知ですか?脚が短くても、そういう人を見習って脚を長く細く見せていきましょ♪


●スニーカー

歩きやすさを重視すると欲しくなるのがスニーカーです。でも、スニーカーだと細くなんて見せられないんじゃないのって思う人も多いですよね。でも大丈夫です。インソールタイプか厚みのある厚底タイプのスニーカーを履くことで、脚が細く見えます。


●パンプス

そもそもパンプスは履いただけで美脚効果がありますよね。その中でも、最も脚が細く見えると言われているのが、7センチのヒールの高さがあるパンプスです。7センチだと高すぎて歩けない・・・ということであれば、5センチくらいでもいいと思います。ヒールの太さですが、脚の太さとバランスが重要で、選ぶのであれば太めのヒールで靴に重心を持ってくるようにしてください。


●ブーツ

ブーツの場合は、ショートであれば履き口に余裕があるものを選ぶようにしましょう。ミドルであればぴったり過ぎたり太すぎたりすると、逆に脚が太く見えてしまいますからね。ロングの場合は、ぴったりのものか履き口に余裕がないものをラビましょう。


●脚を細く見せるためには?

①姿勢を正す
姿勢が悪いと、腰が曲がってしまってお尻を突き出すような格好になってしまうので脚が太く短く見えてしまいます。
なので、背筋をしっかり伸ばしてまっすぐ歩けるようにしましょうね。

②むくみ予防
むくんでしまうと、それだけで像脚になってしまいます。ですから、むくみをしっかりと予防するようにしましょう。
水分の摂り過ぎにも注意してくださいね。

③ガニ股など
歩く時につま先が外側を向いていたりすると、太ももの筋肉が弱い状態になってしまいます。
本来なら、脚が細くてきれいなはずなのにガニ股だったら...それだけで、「美脚の女性」なんていう目では見れませんよね。

④スカートを履く
やっぱり脚長効果を出そうと思うのであれば、脚のラインがでてしまうパンツよりもスカートを履きましょう。

⑤ストッキングを弾性ストッキングに変える
締め付けの強いストッキングを履くととても引き締められますから、脚がきゅっとなってすらっと見えますね。
ただ、弾性ストッキングを使用するときは時々トイレなどで足を締め付けから解放させてあげるようにしてください。本来の位置に履きなおすことがとても大切です。窮屈なままにしてしまうと、血の巡りが悪くなってしまいますよ。

⑥細く見える位置を探す
最後に全身鏡などを使って自分の足が細く見える立ち方を探しましょう。足の位置や角度を研究したりして、自分の脚が一番きれいに見えるところを探してください。


●さいごに

パンプスだったりハイヒールだったり、美脚効果がある靴をやっぱり履きたいですよね。
ですがハイヒールなどを履くと、履き方によっては不安定な状態になって足首の血行を悪くしてしまうので注意が必要です。靴はぴったりとしたサイズのものを選びましょう。
おしゃれの幅も広がりますから、履いた方がいいのですが、履いたよるは足首のケアをしっかりと行うようにしてくださいね。ケアしないと今度はむくみがひどくなって、より一層脚が太くなってしまいます。そうなったら、美脚どころではありませんからね。


f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)