目の下のクマができる人は最近とても多いですが、それだけ現代人は疲れているのでしょう。目の下のクマができている人を見ると、何だか「疲れてるんだな~」と思ってしまいますよね。もしかしたら、あなたもそう思われているかもしれませんよ。目の下のクマができる原因は、いろいろな原因がありますが、その原因を知って対策をしていきましょう。


●目の下にクマができる理由

目に下にクマができる原因は寝不足、疲れ、紫外線による色素沈着、血流不良、遺伝、自律神経の変調などが挙げられます。目の周りの皮膚はとても薄いので、血液の循環が悪くなると黒ずんだように見えて余計に印象が悪くなります。

・寝不足・疲れ
目の下のクマは寝不足や疲れ、また十分に寝ているのに睡眠が浅くても出てくることがあります。
疲れていたりすると血流が悪くなり血の色が黒くなってしまいます。その色が出てきてしまうのです。

・色素沈着
一時的な疲れなどが原因でなく、慢性的に目の下にクマができているのは紫外線などのせいで色素沈着が起こっているからです。メラニン色素が目の下に沈着して、常に目の下が茶色っぽく見えてしまいます。
色素沈着のクマはマッサージは効果がありませんので、ビタミンを多く含む食べものを食べ、美白効果のある化粧水を使って改善させましょう。


●クマの改善法

・青クマ
青クマのできやすい人は、冷え性の人が多いのでまず冷え性を改善させます。運動をしたくないのであれば、マッサージやツボ押しで血行を促進するようにしましょう。ただし、目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、力を入れてマッサージをしないようにしてください。コラーゲンが損傷してたるんでしまいます。マッサージよりもツボ押しにしたほうがいいかもしれませんね。また、ホットタオルも良いですから、寝る前にホットタオルを目の上に置いて温めてあげてください。

・色素沈着の茶クマ
目を擦るクセがある人は茶クマになりやすくなります。摩擦や刺激を受けていしまうと黒ずんでしまいますからね。目は触らないのが一番です。化粧をゴシゴシと擦って落とすと茶クマの原因に繋がります。茶クマは基本的にメラニンケアが必要です。つまり、シミ対策と一緒ということですね。
ビタミンC、ハイドロキノン、油溶性甘草エキスなどの美白成分の化粧品を使うといいのではないでしょうか。

・加齢クマ(黒クマ)
一番手ごわいのが、この黒クマです。なぜかというと「色」の問題ではなく「形」の問題で、「影」になるからです。
たるんだ下まぶたのせいで影を作って黒く見えているのですから、とにかくこれ以上たるませないようにすることが大切ですね。つまり、コラーゲンを増やして加齢を遅らせるということです。どんどん衰えちゃう眼輪筋を鍛えるトレーニングで一番簡単なのは、強いまばたきです。
目だけではなく顔全体を使って収縮させることがコツになるのですが、これは青クマにも効果がありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。


●さいごに

クマにはいろいろな種類がありますので、それぞれにあった対処法を行うようにしてください。加齢が原因で起こる黒クマは、メイクで隠すことはできませんので、たるみケアを始めて老け顔を改善させることが大切になります。

年を取ることを止めることはできませんが、衰えを遅らせることはできるということです。


77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)