ちゃんと毎日シャンプーしてるのに頭がかゆいの、これってなんで?そんな人は、もしかしたら頭にカビが生えているかもしれません。清潔なはずの頭に炎症や湿疹を伴うかゆみがあるという症状は【頭皮湿疹】ではないかと推測され、その原因がカビなんだそうです。
そのカビは【真菌】といい、どんな人でも持っていて普段は無害なのですが、一度何かのきっかけが起こると増殖し、途端に悪影響を及ぼしてくるのです。重症化してくると、髪がばらばらと抜け落ち、ハゲてしまうことも。
おまけに、かなりしつこく、治ったと思ったら再発をするなど、完治には根気がいることもあり、結構面倒な菌。もしかして私も?と思ったら生活習慣を根本から見直して、集中的に真菌除去に取り組みましょう。


☆疲れが影響?抵抗力のない人は増殖しやすい

疲れていたりストレスが溜まっていたりすると抵抗力がなくなります。そんな時、真菌は増殖を始めるのです。
主な真菌被害者はお年寄りや子供。抵抗力の低い人からどんどん、真菌被害に遭ってしまう。だからと言って若い人がかからないとは限らないのが怖いところ。最近は若い女性でもこの真菌被害に遭っている人が増え、頭にハゲができちゃった…と悲しんでいるそうですよ。

この被害を減らすには、まず、自身の健康に気を付ける必要があります。規則正しい生活をし、栄養バランスがとれた食生活を送りましょう。それだけで、身体の抵抗力が強まり真菌が繁殖の妨げになります。
また、一日の疲れはその日のうちにとってしまうことも大切です。忙しい現代日本では難しいかもしれませんが、ストレスや疲弊は免疫低下を引き起こす原因になるため、できる限り取り除いておきたいものです。
ゆっくり湯船につかる、プライベートはしっかりと休む、趣味を持つなど、自分にできる方法で疲れやストレスを軽減していきましょう。


☆洗髪方法を見直す

洗髪方法を見直し、髪へのダメージを減らすのも真菌対策に有効です。髪は洗髪前に十分に湿らせ、よく泡立てたシャンプーで逃避をマッサージするように揉み解す。これが正しい洗髪方法。
決して肌を傷つけないようにすることで、肌のダメージを抑え、真菌への抵抗力を維持させるようにするのです。
また、シャンプーやコンディショナーなどの薬剤が頭皮に残っているのも肌を弱らせる原因の一つになりかねませんので、よくよくすすいでおく必要があります。


☆濡れた髪の放置や合わないシャンプーが原因

真菌はカビの一種ですから湿気が大好き!洗った髪を放置しておくと、どんどん増えていきます。
特に髪が長い人は乾くのに時間がかかったりして、どうしても真菌が好む環境が長時間続いてしまうため、洗髪後はドライヤーなどを使ってよく乾かすようにしましょう。


☆食事からのアプローチも効果的

ビタミンB2,B6には皮膚の代謝を活発化させる作用があるので、少し多めに摂っておきたいものですね。皮膚の代謝が活発化すると常に新鮮で美しい皮膚が出てくるため、真菌への抵抗力を維持するとともに、真菌に侵されかかった古い皮膚を落としてくれるからです。
ビタミンB2や7B6を多く含む食品は、 豚や牛のレバーや干しシイタケ、海苔全般、マグロやカツオですね。キャビアやからすみもいけるみたいです。

結構おいしそうなものが並んでいると思いませんか?全体的に見ていくと、海の幸系に多く含まれているみたいなので、海藻や魚を積極的に摂るといいかもしれません。昔から「海苔は髪にいいから食べなさい!」と言われていたのはこういうことだったのか!?


髪は女の命です。美しい髪を維持していくためにも、真菌なんかに負けてられないですよね!






c070d165f10d062e352c70e3b7b5a861_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)