夕方にふと自分の顔を見て驚いてしまった経験はありませんか?疲れが溜まってどんよりくすんでしまったお肌と、同じ表情が続くことによりたるんだ頬にほうれい線がくっきり…「これが本当に私なの?」と自分でも驚くほど老け込んでしまった顔に、さらに疲れもどっと倍増してしまう…というのは、働く女性のお悩みではないでしょうか?

そこで今回は、そんな女性のお悩みにお答えすべく炭酸シャンプーをご紹介します。合わせて、くすみ、たるみの撃退法を知っておくとさらに効果的なので、まずは応急処置からご覧ください。


「くすみの撃退方法」

血液は心臓がポンプの働きをし、寝ていても全身に循環させてくれますが、リンパ液は自身の筋肉が動く際に、ポンプのような働きをし全身を巡るため長時間同じ姿勢での作業が続く方、肩こりが酷い方、1日に摂取する水分量が1ℓ以下の方は、リンパ液の循環が悪くなるため、特にくすみやすくなってしまいます。
くすみが気になる場合は、肩甲骨を動かすストレッチや軽い筋トレ、水分量を2〜2.5ℓ摂取することをオススメします。数分行うと、リンパ液が循環し、すぐに肌トーンが少し上がり即効性が期待できます。


「たるみの撃退方法」

加齢、疲れやストレスなど、たるみの原因は様々です。外出先でたるみが気になる際は、黒目と小鼻の端を繋いだ線がちょうど交わる辺り(頬骨の真ん中)を、下から持ち上げるように、痛気持ちいい程度に少し強めにプッシュします。むくみのツボでもあるのでたるみも少し緩和されます。
ちなみに、顔の皮膚と頭皮は一枚の皮で繋がっているため、頭皮のコリをほぐすことにより血行が促進され毛穴を引き締めたり、リフトアップ効果が期待できます。
野球ボールを掴むような手で耳を包みクルクルと回します。耳の周りにはツボが沢山あるので、こちらもむくみが少し緩和されリフトアップに繋がると言われています。

どちらも、応急処置なので、そんな疲れた日の晩はいつも頑張る自分へのご褒美に、いつもより少しだけ時間をかけてお家でゆっくり「炭酸シャンプーでヘッドスパ」をしてみてはいかがでしょうか?
炭酸は汚れを浮き上がらせる効果と肌に触れることで、肌内部の酸素が中和され一時的に酸欠状態になり、酸欠を回避するために血行を促進することにより、肌のターンオーバーを早めたりする効果が期待されます。

炭酸シャンプーに用意するものはたったの3点です。

1.市販の炭酸水1〜3ℓ(髪の長さに合わせて)
2.普段お使いのシャンプー
3.空の500mlのペットボトル

まず、炭酸水を洗面器やボールに出し、毛先からゆっくりと、炭酸水につけ込み、数分おきます。炭酸が、髪の汚れをしっかりと浮き上がらせてくれます。
次に地肌は、ペットボトルから直接かけたり、洗面器やボールに溜めた炭酸水に数分浸してください。お肌が弱い方は、炭酸の刺激で赤くなったり少々痛みを感じてしまうかもしれないので、無理のないように行ってください。
少しすると、地肌がポカポカと暖かくなってきます。次にペットボトルに残った炭酸水50〜100mlに、普段お使いのシャンプーを数プッシュ入れ、シャカシャカと泡立ててください。簡単に炭酸シャンプーの完成です。
炭酸水で汚れが浮き上がった髪と地肌を、この炭酸シャンプーで洗っていきます。普段のシャンプー方法よりも丁寧にマッサージするような感覚で5分ほど行ってください。
血液循環が良くなることにより、毛穴の引き締め、リフトアップはもちろん、リンパ液が流れることで、どんよりとくすみんでしまっていたお肌の改善にも繋がります。

ヘッドスパに行くと、髪の長さにもよりますが安くても4〜6千円はかかってしまうのに対し、自宅でのヘッドスパなら、炭酸水代金の数百円程度で済みます。お顔のたるみ、くすみでお悩みの方は、エステサロンやヘッドスパに行く前に、ご自宅でご自身での炭酸シャンプーでヘッドスパを行ってみてはいかがでしょうか?炭酸を使ってお手軽に地肌ケアをしつつ、血行を良くして頭皮のコリを改善していきましょう!




957d6c34d04f2bec233cc662f7d456e4_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)