ミランダカーさんが愛用していることでもお馴染みの、エクストラヴァージンココナッツオイル。抗酸化作用が期待されており、ボディの保湿はもちろんのこと、オーガニック嗜好の方は化粧品代わりに使用することも多いのだそうです。
メイクを落とす際のクレンジングや乳液、クリームの代用品として使用したり、髪の毛の保湿、普段の調理用オイルに使えたり、バター代わりにトーストに塗ったりコーヒーや紅茶に入れたりと、保湿から食用にまで美容にはとにかく万能なモノ!というのは、皆様もご存知のことかと思います。

オフィスやお家、どこにいても常に暖房やヒーターの熱に晒され乾燥状態が続き、外気との気温差も激しく、お肌にはかなりの負担がかかってしまうこの季節。お肌やボディのかさつきが気になり、保湿にはいつも以上に気を配っているとは思いますが、髪の毛や、頭皮の保湿は大丈夫でしょうか?
実は、髪の毛も頭皮もお肌と同じく乾燥や気温差の影響を受けており、その上マフラーや上着などで擦れてしまったり、静電気が起こりやすくなったりと、髪の毛もかなりのダメージを受けてしまっています。
冬でも、乾燥や静電気知らずの艶々の髪の毛に憧れるなら、サロンでのトリートメントに行く前に、エクストラウァージンココナッツオイルでのヘアパックを試してみてはどうでしょうか。

「オイルでヘアパックなんて、ギトギトになってしまうのでは…?」
「お風呂に入っていないような、不潔な印象になるんじゃないの…?」

など、半信半疑の声が聞こえてくるような気がします。筆者もそう思っていましたが、実際に試してみて、髪の毛を乾かした後の自分の髪の艶と触り心地にうっとりしてしまいました。いつものバスタイムに、ほんの少し手間をかけるだけのとても簡単な方法なので、ご紹介したいと思います。

用意するものは、

1.エクストラウァージンココナッツオイル
2.蒸しタオル
3.シャンプーキャップ

の3点です。

健やかな髪の毛と地肌を育むためには保湿だけではなく、まずは頭皮の汚れをしっかりと取り除くことが重要です。
泡立てネットに、普段お使いのシャンプーをいつもよりも数回多めにプッシュし、さくらんぼ大程度のエクストラヴァージンココナッツオイルを混ぜ、あまり水を入れずによく泡立てます。ココナッツオイルを加えることで、とてもきめ細やかな泡が完成するので、頭皮に馴染ませ、ゆっくりとマッサージするように洗ってください。
ちなみに、頭皮の皮脂汚れの成分はオイルなので、しっかり取り除くためには汚れと同じオイルで洗うのが効果的と言われています。メイクのオイル汚れをクレンジングオイルで落とすのと同じ原理ですね。全体的にマッサージをしながら、髪を洗い、しっかり入念にすすぎます。流し終えるといつものシャンプー後よりも、何だかツルツルしたような少し重めの感触になりますがご安心ください。

次に、エクストラウァージンココナッツオイルを適量手に取り、手の温もりで温めオイル状にします。まずは頭皮から、ここでもクルクルと優しくマッサージするように揉み込み、毛先までしっかりと馴染ませてください。(セミロングの方で、さくらんぼ3つ分くらいを目安に馴染ませてください。もっと沢山使っても問題ありません。)
全体的に馴染んだら、次はじっくりと浸透させます。馴染ませてからも、潤いを閉じ込めるように手の平で包み込み、毛先までしっかりと馴染ませてください。最後に手ぐしや、くしでさっととかして一まとめにします。少し熱く感じるけれど気持ちいいくらいの、40℃強の蒸しタオルで髪全体を包み込みます。蒸しタオルが冷めないように素早くシャンプーキャップをかぶせ、このまま15分以上放置します。毛穴を開き、汗を分泌させることで皮脂汚れもしっかりと落とせるので、半身浴など入浴しながらの放置がオススメです。
15分以上経ったら、シャンプーキャップと蒸しタオルを外し、しっかりと洗い流します。流し終わった後、何だかいつもよりも髪の毛が重たいような、ベタつくような感覚になるかと思います。あまりに気になるようでしたら、その後にコンディショナーをして、洗い流すことをお勧めします。

エクストラウァージンココナッツオイルでのヘアパックを終え、タオルドライしてからいつものように乾かすだけで、髪の毛が芯から潤っていることや、なめらかな触り心地を実感していただけるかと思います。
一週間~二週間に一度を目安に、このエクストラウァージンココナッツオイルのヘアパックで、パサつき知らずのうるうるヘアを手に入れませんか?暖房やヒーター、外気との温度差や衣服、マフラーなどの静電気でお悩みなら、是非一度エクストラウァージンココナッツオイルでのヘアパックをお試しください!




4c9d0daf6101a51b1340ad1e4c8de8f3_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)