人間の体は、37℃を保つことで様々な体の不調から守ってくれます。最近では平熱が35℃台の女子が多いのですが、低体温では私たちの体はボロボロになってしまうのです。

♦平熱が35℃台の女子が襲われる不調とは……

平熱が低体温になってしまっていたら、体には様々な不調をきたしてしまいます。風邪をひきやすくなり、一旦ひいてしまうと中々治らない(ウィルスを退治する自己免疫力が下がってしまい、風邪が流行ってしまうと真っ先にかかってしまう)他、頭痛や肩こり、便秘など女子特有の不調が起こってしまいます。

その理由は血流の悪化で、酵素や栄養が体に行き届かずに頭痛や肩こり、便秘といった症状になってしまうのです。腸内環境が悪くなってしまうとお肌にも悪影響が及び、大人ニキビのほとんどの理由は、腸内環境の悪化が主な原因だと言われています。

そして、女子にとって厄介なことに太りやすくなってしまい、ダイエットをしても痩せにくい体になってしまうのです。体温が37℃だと、寝ているだけでも基礎代謝によって、食べすぎてしまった時でも寝たら体重が戻っているというのが本来の体です。しかし、低体温だと寝ていても基礎代謝が低下してしまい、太りやすくなってしまうのです。下半身太りが目立つ人は、基本的に体の冷えが原因だと言われています。

また、お肌の大人ニキビだけでもなく、くすみやシミ、シワやたるみなど、女子からすると恐ろしいことが体温の関係で引き起こされてしまいます。低体温になる事でお肌のターンオーバーは正常に働かなくなってしまい、肌荒れや本来のお肌の力が発揮されなくなってしまうのです。

更には、低体温は精神的にも影響してきてしまうのです。イライラしてしまう、だるさが中々とれなくてやる気が起こらないという症状が出てきてしまうのです。

そして一番怖い事は、女性特有の不妊や婦人科系疾患などの体の不調もきたしてしまうので、平熱はそれほどまでに大切なことなのだという事が分かりますよね。

♦体温上昇には筋肉を意識すること

体温を上げる事で一番効果的なのは、やはり筋肉を意識することです。筋肉をたくさんつけるということではなく、筋肉を整えて質を上げる事が最も大切なのです。体温の元になる熱を生み出す筋肉は自家発電を起こすには必要不可欠です。しかし、筋肉をあまり使っていない場合は、いくら筋肉量が多いからとはいえ体は温かいというわけではありません。

【筋肉を整えるための簡単なエクササイズ】

・トーアップ・指分け足首グルグル

リラックスをしながら床に座り、片膝を立てて足を地面につけ、そして踵をつけたまま足の甲を上げてください。それを繰り返し行います。そして、足の指の間に手の指を入れ込んで、そのまま足首をグルグル回していきます。

・ヒップリフト

仰向けで首の下にタオルを引きます。そして両膝を揃えて立て、両手を腰にあてて、そのまま肩はつけたまま腰を持ち上げます。膝から肩が一直線になるように意識してください。その時、息を吸い込みお腹を膨らませる事を意識します。ゆっくり吐き出しながら腰を下ろしていきます。

◆お風呂上がりは体温維持を意識する

半身浴や全身欲も体の体温を上げることに必然的に必要なことですが、最近めっきり寒くなってきたので、お風呂から上がったあとに体が冷えやすくなってしまう危険性が高いので、すぐに温かい服装に着替えたり、寝る前に白湯を飲んだりして、体温維持を意識しましょう。お風呂上りは暑いからと言って、涼しい格好をする人が多いですが、せっかく高まった体温の熱を外に無理やりだそうとしては体に負担をかけるので気を付けなければいけません。



e5b59696f1c441e3a20529ac1ae240e3_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)