最近のメイク方法は、しっとり感やツヤ感などを重視したメイク方法が主流ですよね。ぽってりした唇に、ポッと染まるようなチーク、ツヤツヤな肌質は、今季いやこれからのメイクに欠かせないポイントだと言われています。ですが、今までファンデーションやお粉をパタパタとはたいてきた人達からすると、リキッドファンデやクリームファンデは、少し物足りなさやメイク崩れの不安を感じさせてしまいます。
しかも、カバー力が非常に少ないイメージが強くて、ニキビ跡やお肌トラブルを抱えている人は、中々手を出しにくいメイクというのも分からなくはありません。

ですが、意外にもツヤ感重視の今のメイク方法は、隠すことが困難だったニキビ跡やお肌トラブルを光の反射や艶で目立たなくさせることが出来るので、使用方法を間違えなければお肌作りに時間を掛けなくても、簡単に美肌を作ることが出来るので、旬顔メイク方法はどんな方でもナチュラルに仕上げてくれると思います。そして、そんな旬顔メイクに欠かせないのが、今回の記事のテーマである『チーク』です。今までは、パウダーチークが人気でしたが、最近では色々な部分に使うことが出来る、練りチーク・クリームチークが大人気!

でも、パウダーチークを使うように使用しても、時間が経てば消えてしまう…とか、ムラが出来てしまって中々上手く塗ることが出来ないという意見が多いので、今回はクリームチーク・練りチークの使い方やあれやこれをご紹介していきたいと思います。


【パウダーチークよりもクリームチークを使いたいわけとは?】

ブラシで簡単にササッと塗るだけで出来るパウダーチークの人気が廃れてきてしまったのは少し寂しい気もしますが、やはりクリームチークが選ばれるにはちゃんとした理由があるからなのです。それは、クリームチークの発色の仕方なのです。お肌に乗っているだけのパウダーチークは、少し浮いて見えてしまうのは仕方のない事ですが、クリームチークはお肌の色と馴染んでいき、血色の良さを感じさせるからなのです。
チークを付けた部分だけ浮いて見えてしまう事が多いパウダーチークは、時間が経つといい感じになってきますが、クリームチークは他の部分との協調性もよくて、自然な発色を感じさせるのです。そして、パウダーチークにはないみずみずしさを作ることが出来るのは、クリームチークならではなので、旬顔メイクであるツヤ感やほてり顔には、必須なアイテムなのです。


【クリームチークとパウダーファンデーションは相性が悪い?】

クリームチークは可愛い色味や、使いやすいという利点もあって使ってみたいけど、ファンデーションがよれてしまうのではないか?という不安がある人が多いです。そうなのです…。パウダーファンデーションとクリームチークの相性は、あまりいいものではなくて、お粉などを付けた上からクリームチークをのせるとムラになりやすいのが悩みの点…。ファンデーションは絶対にパウダーファンデーションじゃないと!という人は、クリームチークは難しいですが、パウダーファンデーションを使う理由が、お肌のトラブル隠しというのであれば、リキッドタイプのカバー力のあるファンデーションでも十分代替えできると思います。しっとり感やツヤ感を出してくれるパール成分を含んだものが多いので、光の反射でお肌をキレイに見せてくれるので、リキッドタイプやクリームファンデ―ションは高機能商品でもあります。
そして、クリームチークとクリームファンデ―ションは、相性が抜群でどちらも粘度があるのでなじみやすく、ムラになることなく使用することが出来るのです。




578dc862bdadf199946423a62e041029_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)