年齢と共にお肌はどんどん皮膚も固くなっていき、顔を洗っても「なんだか浅黒く感じる」という人も多いです。メイクをした瞬間はバッチリと決まっているのに、時間が経つとくすんでいきファンデーションのノリもいまいち……なんて、気分が晴れませんよね?

世の中にはたくさんのお肌に良いとされるスキンケア商品が出ています。ですが、くすみというものはスキンケアを変えていくのではなくて、まず見直すべきなのは「洗顔」なのです。代表的なくすみの原因となるのは、肌のきめに入り込みこびりついた汚れ、古い角質層が残っている、お肌がごわごわしている、小鼻の黒ずみ、血行不良によるくすみなどが多いと言われています。そのため、「お肌が最近くすんでいるかも?」と思ったら、ピーリング効果のあるスキンケアを使うという人が多いと思います。

ピーリングは古い角質層を取ってくれるので、お肌が生まれ変わるのもわかりますが、ピーリングの強いものは毎日の使用は違う意味で危険なこともあるのです。もともと乾燥肌体質の人ならば、ピーリング効果の高いものは乾燥を招いてしまい、お肌に必要な水分が補給されずに大人ニキビになったり、反対にお肌トラブルのもとになったりしてしまう恐れがあるのです。

くすみは古くなった角質層を除去することで改善されるのですが、それには自分のお肌にも負担になり難いものを選ぶ必要があるのです。そこで今回は、乾燥からも守る泡洗顔でくすみを除去! 人気の泡洗顔をご紹介していきたいと思います。

【くすみ撃退にオススメの泡洗顔】

泡洗顔で一番人気と言われているのが、「二十年ほいっぷ」と言われる気泡が目に見えないほど細かく、しかも強い弾力をもった最強の泡洗顔です。芸能人やモデルさんなども多数愛用しているという人も多く、二十年ほいっぷの泡は微粒子レベルの汚れまでからめとってくれる超極小弾力泡となっています。その泡のお陰で、一回の洗顔でもくすみをとってくれ、見違えるほどの美白になるのです。

そして、二十年ほいっぷには、私たちのくすみの問題を解決してくれる3つの理由があります。

◆秘密その1

従来の泡洗顔は、気泡が大きくてふわふわの空気感たっぷりの泡が多かったように思いますが、二十年ほいっぷは気泡が小さくて強く割れにくいために、一度汚れをからめとると洗い流すまで汚れを吸着して離しません。

◆秘密その2

気泡が大きい泡と気泡の小さい泡を比べると、気泡の小さい方が表面積は大きくなります。そのため、それだけ吸着面が大きくなるので、取り除く汚れの量が大きく違ってきます。

◆秘密その3

従来の泡洗顔は気泡が大きいために、お肌のきめの奥の汚れには届かずに、表面だけをスルスル~と滑っていくので取り除くべき汚れは取れずに終わってしまうのです。二十年ほいっぷは、気泡が小さいので肌のきめ細かな部分まで入り込み、奥の汚れまでごっそり取り除いてくれるのです。

【二十年ほいっぷは汚れを落とすだけではなく、潤いも残す!】

二十年ほいっぷは汚れを根こそぎ落とすのに、突っ張らない! というユーザーが多いのですが、その理由は北海道の「ホエイ」という成分を含んでいるからです。ホエイという成分は、お肌に潤いを与えるだけではなく、お肌の汚れを落とすのに欠かせない石鹸の泡の弾力を強くするという役割もあるので、二十年ほいっぷには泡の弾力が出来るのです。

ホエイとは、チーズを作る工程で生まれる潤い含んだ成分のことです。ホエイは美容成分をたくさん含んでいるので、お肌の角層に水分をちゃんと送り込み、保持力も非常に優れている液体なのです。

北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』


cc8925a8f8149b3f741d489947fbed19_s
  (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)