美味しい美味しいスイーツ、食べたら幸せな気分になっちゃいますよね。スイーツっには大量の砂糖を使われていますから、食べたら食べた分だけ太ってしまいます。でも、その砂糖。食べ過ぎると、太るどころか様々な影響が出てくるのをご存知でしょうか?

●メタボ化によるオバ顔の危険性

「おばさん」と思われる理由は何かわかりますか。加齢? もちろん年を取ればそれだけ肌も年を取りますからおばさんと思われても仕方ありません。しかし、年を取っていても、おばさんには見えない人も多いですから、加齢だけがおばさんに見えるわけではありません。

どちらかというと、太ったらオバ顔になってしまいます。これがメタボ化による「オバ顔」です。芸能人でも太ったときと痩せているときの顔の印象が違うような気がしませんか? なお砂糖がオバ顔化させる理由は太らせることだけではありません。砂糖は血管内のタンパク質にくっついて、若々しいお肌を保つのに必要なコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。砂糖を大量摂取していると、気付いたらシワシワに……ということですね。

●砂糖はオバ顔以外にどんな影響を及ぼすの?

では、砂糖はオバ顔以外にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

・うつになりやすい

落ち込んだ時などに元気をくれるスイーツですが、実はうつになりやすくなります。食べ過ぎないようにしてくださいね。

・血管が詰まりやすくなる

砂糖を摂りすぎることで、血管中のインスリン値が上昇し、血液の循環にも異常が出ます。

・成人病にかかりやすくなる

砂糖の過剰摂取は、糖尿病などの成人病のリスクが高まります。

・内臓に脂肪がつく

砂糖を食べることでつく脂肪は、ウエスト周りにだけではありませんよ。肝臓などにもつきますからね。

●糖分・糖質が高い食べ物には何がある?

糖分や糖質の多い食べ物は以下のようなものがあります。

【野菜】

・いも類全般(さつまいも 35.5g)

「いも類全般」は糖質が多く含まれています。

・ユリ根(22.7g)

栄養が豊富なユリ根ですが、糖質は100gに対して22.7gもあります。

・かぼちゃ(17.2g)

かぼちゃの糖質が高いのは言わなくてもわかりますね。煮物にしても甘いので糖分があるのは納得です。かぼちゃをどうしても食べたいのであれば、西洋カボチャではなく、日本カボチャを選ぶようにしましょう。

・とうもろこし(15.5g)

とうもろこしも水分以外の80パーセントが糖質(炭水化物)で占めています。野菜だけではなく主食に分類されてもおかしくないですね。

【果物】

・ドリアン(25g)

バナナよりも糖質が高く、糖質制限ダイエットにはおすすめできません。

・バナナ(21g)

食物繊維が豊富ということでも有名ですが、糖質もたっぷりと含まれています。

・ぶどう(15g)

糖質なんてあるの? と思われがちですが、すっぱいのに意外と糖質がたっぷり含まれています。

・さくらんぼ(15g)

さくらんぼもブドウと同様、酸味があまりなく甘味が強い果物となります。糖質も多いので、食べ過ぎには注意です。

●さいごに

砂糖だってスイーツだって食べたいときは食べたいですよね。全部やめることはできなくても、糖質や糖分が多いものを減らしていけば良いのではないでしょうか。人間、甘いものへの欲求をなくすことはできませんので、上手に付き合っていきましょう。

【砂糖不使用の高級チョコレート】

woman_female_portrait
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)