どんな高価な化粧品をつけてもキレイにメイクをしたとしても、睡眠不足のお肌だけはごまかすのが難しいものです。メイクのノリも悪くなり、メイクをしていてもくすみのある疲れた印象に見えます。

睡眠は美肌への一番の早道であり、睡眠に勝るスキンケアはありません。しかし、ただ眠っただけでは効果が薄いので、質のよい睡眠がとても大切になります。今回は、睡眠の必要性について詳しくお伝えしていきます。

睡眠中に体内で行われていること

睡眠中には、肌を含む体全体の修復が行われます。修復は血液を通して行われるのですが、通常昼間の起きている間は血液のほとんどが脳に集中しています。そのため血液によって運ばれている栄養は、肌まで行き渡る事はないのです。

しかし、夜の睡眠中には血液が体中に流れ始めるので、肌にも栄養が行き渡るようになります。そのため睡眠不足が続くと、肌には栄養がほとんど来なくなったり、血液循環が悪くなったりするので、肌荒れを起こしたりくすんだりしてしまうのです。

また、特に眠り始めの3時間の間に細胞分裂を促すための成長ホルモンが分泌されるので、この時間の睡眠の質によって、成長ホルモンの分泌が少なるのでとても重要な時間ですし、体全体を修復するにはこの時間も含めてトータルで6時間くらいは必要になります。

このような事が原因で、睡眠不足の翌朝は肌荒れだけではなく、頭痛がしたり、疲労感が抜けていなかったりと体調が悪くなるということが、おわかりいただけましたでしょうか。

ゴールデンタイムに肌は再生される

毎日の睡眠がいかに大切か? ということは納得できたと思いますが、実は寝ている時間も、とても重要なポイントになります。特に夜10時〜深夜2時の間は、お肌のゴールデンタイムと言われており、この時間にぐっすり眠ることが美肌のカギとなります。

これは原始時代から人間の体に刻まれている体内時計に基づいた説であり、この時間に成長ホルモンの分泌がとても活発になりやすいので、いかに質のよい睡眠をとってぐっすり眠っているのか? ということが大切なのです。

しかし、現代社会ではなかなか夜の10時に睡眠をとるというのは難しい事ですよね。そのため、遅くとも午前0時半までには、お布団に入る事を目標にしてみましょう。

また、睡眠のリズムもとても大切なので、就寝時間をできるだけ一定に保つようにします。時間が不規則になると、体内時計が乱れ成長ホルモンの分泌にも影響が出てくるので、できる限り一定の時間に就寝するクセをつけるようにすると質の良い睡眠が取れるようになります。

美肌を作るための質のよい睡眠

特に眠り始めの3時間を質の良いものにすることが、もっとも美肌への近道となります。そのためには、まず眠るための環境を整える事からはじめます。

寝る時間の1時間くらい前から、照明を落としリラックスをすることで、メラトニンというホルモンが分泌されて、体内から眠るための準備が整ってきます。くれぐれもギリギリまでスマホを見つめていたりしないようにしましょう。スマホやパソコンのブルーライトは視覚を刺激して、脳が興奮してしまいます。

ぐっすりと眠れるような部屋の雰囲気を作るために、外からの灯りや騒音などを防ぐ遮光性のカーテンなどを利用したり、リラックスできる音楽、着心地のよいパジャマ、アロマテラピーなどの香り楽しんだり、色々と工夫してみてください。雰囲気作りはとても効果的です。

いかがでしたか? 質の良い睡眠は、美肌を作る為にはとても大切なことです。ぐっすりと眠ることができれば、 翌朝には肌の状態が変わっているのをすぐに実感できます。 ぜひ 、美肌作りの習慣として睡眠を見直してみてくださいね。

ドクターズサプリメント【ディディトリニティー 002】

bbecaa7106dde323c4b4eca6ad8e98cc_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)