乾燥する季節がやってきましたが、あなたの体はカサカサではありませんか。突然やってきたその時にカサカサボディでは百年の恋も冷めてしまうというもの。つややかなボディは男心もくすぐります。オイル美容でカサカサボディとはさよならです。今年の冬はつややかで誰もが触れたくなるボディを手に入れましょう。

◆「カサカサボディ」よ、さようなら

冬場になるとかさかさ肌で、かゆくなってしまうことありませんか。冬場は、乾いた外気に肌表面の水分が奪われてしまうことでカサカサになってしまうのです。特にひじやかかと、すね、お腹周りは乾燥しやすくなります。今年こそは触れられたくなるつやつやボディになりましょうね。

◆「バスオイル」

バスオイルは市販されているものと自分で作るものに分けられます。市販されているもので好みのものがあればそれを使うと簡単に使うことができます。

【バスオイルの作り方】

5mlのキャリアオイルに好みの香りのアロマオイルを5滴までを混ぜて、お風呂に入れてよくかき混ぜます。入浴の度に作るのは大変なのであらかじめ大き目のボトルで作っておくと便利です。

◆お勧めバスオイル

・Jo MALONE

Jo MALONEのバスオイルはお湯に入れても体に直接塗っても良いのでおすすめです。お風呂上りに濡れた肌に使用すると香りも良くつやつや肌になります。好みの香りのものを選んで使ってみましょう。さらりとしたテクスチャーとラグジュアリーな香りを楽しむことが出来ます。少しお高めですが、ラグジュアリーな気分に浸ることも出来るのでたまにはいいかも。

・ラ・カスタ バスエリクサー

天然オリーブ油ベースにこだわったバスオイルがお湯の中で白濁し、しっとりスベスベのボディに整えます。疲れたからだや心も毎日のバスタイムでリセットします。気分別に選べる2つの香りをラインナップし、疲れた体や心も毎日のバスタイムでリセットします。ベルガモットやレモングラスなどの、気持ちを前向きにしてくれるシトラスハーブの爽やかな香りです。

・THANN バス&マッサージオイル

肌を柔らかく保つコメヌカ油ベースのバス&マッサージオイル。肌にすっとなじんで柔らかく潤すので、なめらかにマッサージすることができます。バスオイルとしてバスタブに入れて温浴すると、オリエンタルエッセンスの芳香に包まれてリラックスできます。温浴中に肌を保護し、入浴後の乾燥から守ります。

・ロクシタン リラクシングバスオイル

植物たちの心地よいアロマが穏やかに香り立つバスオイル。ミルキーに色づいたお風呂で、ゆったりうるおいとやすらぎに満たされて。1日の疲れを解き放ち、夢見る準備を。心やすらぐ眠りの香りです。

・ロクシタン ピオニーバスオイル

ロクシタンらしいバスオイルです。透明とピンク色のオイルが2層になったバスオイル。お湯が乳白色に色づきます。しっとりと柔らかな花びらのような素肌に。人気のピオニーの香りで気分も癒されます。

◆入浴後のお手入れ

バスオイルで入浴した後にももうひと手間かけると完璧なつやつやボディのでき上がりです。特にカサカサの気になるかかとやひじからお手入れです。ボディクリームまたはオイルを塗ってマッサージします。完全にお肌が乾ききらないうちにお手入れするのがポイントです。乾いてしまってからでは効果も半減。

「クリーム+オイル」を塗るのもおススメです。その際べたべたが気になるようであれば、ティッシュで軽くオフするとよいでしょう。乾いてしまったボディにケアするときはローションを塗ってからすると良いですね。ボディにも使える少し安価なローションを揃えておくと便利です。

お顔だけ綺麗でもボディがカサカサだったりすると女性でもがっかりしてしまうものです。ましてや男性が触れたときにはもっと感じることと思います。ボディだってお手入れすればしただけつややかなボディになれるのです。今年はつややかボディであなたの魅力アップですね。



spa_in_dvn_513320
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)