女性にとって毎日のスキンケアや化粧は大切なもの。でも、その際に使うスキンケア用品や化粧品は肌にとって害になるのではないか?という考え方があるようです。その考え方に基づいたスキンケア法が≪肌断食≫肌断食とは何か?どういう方法で行うのか?そして目的は何か?今回はそのあたりを詳しく見ていきたいと思います。


【ケアしないことで肌がよみがえる】

肌断食の考え方の基本は≪ケアをすることで肌に害を及ぼす物質を吸収させてしまう≫というもの。そのため、肌に付着させる害を極力少なくさせるというのが肌断食のやり方。例えば≪朝の洗顔は水だけで行う≫≪三日ほどメイクはもちろん、スキンケアを行わない≫≪添加物の入っているものは使わない≫などなど、流派によって方法は変わってはいますが、基本的にはスキンケア用品やメイクは肌を害あるものとして扱っています。
ただ、社会人として働いている女性にとって、週に何日もノーメイクでいるというわけにはいきませんので、実際には土日だけの肌断食というのが多いようですね。金曜の夜にクレンジングでしっかり落とし、土日はスキンケアを一切せずしっかり肌を休ませる。この方法が一番受け入れやすいと思われます。


【ケアのし過ぎで弱っている肌】

メイクやスキンケアが肌に害を及ぼすという根拠は、やはり「人工物だから」というオーガニック嗜好の考え方に近いものがあるため受け入れにくいかもしれません。でも、別の視点で見てみたらどうでしょうか?
「温室で育った花は弱い」というのと同じように、肌も大事に大事に育てられた場合、ちょっとした環境の変化や刺激に弱くなります。そう、ケアのし過ぎにより肌が敏感になりトラブルを起こしやすくなってしまうのです。肌断食は、肌の弱体化を防ぎ、肌が持つ力を引き出そうという考え方もあるんですよ。こう考えると少し興味が湧いてきませんか?


【肌断食トラブル解決法】

肌断食をしていると、乾燥が目立つことがあります。そりゃそうですよね。だって、今までケアしてたのに急になくなったんですから。そんなときはワセリンで対応するのがベストな方法。一般的には肌のターンオーバーが終わったら症状は落ち着くようです。ただ、お肌のSOSサインであることもありますので、2~3日様子を見ても改善の兆候がないようなら病院に行くようにしましょう。


【肌断食の注意点】

肌断食は、肌が持つ元々の強さを引き出すもの。つまり、実力以上の力をもたらすものではないのです。なので、アトピーや乾燥肌のように生来ケアを必要とする肌を持つ人にはお勧めしない美容法です。また、断食中は紫外線についても注意しなければいけません。肌断食はUVケアもNGですので、紫外線の強い季節だと外に出ることが出来なくなるのです。肌断食を行う際は気を付けましょうね!


【普段のメイクの見直しも必要】

肌断食をするといっても週に2~3回程度の断食じゃあんまり効果は実感できないのが現実。肌は28日周期でターンオーバーしていますので、28日間は続けないと完璧な肌はできないのです。でも、だからと言って28日間、なにもしないっていうわけにはいきませんよね?仕事もあるし、彼がいればデートだってあります。だからこそ、普段の生活を気を付けておく必要があるのです。


メイクや基礎化粧品は添加物の少ないものを選ぶ、過剰なスキンケアをしない、朝の洗顔は水やお湯だけにするなど、普段から肌ケアを簡素化しておくだけでもだいぶ違うはず。美しい肌を作るためには時間をかける必要があると言わけですね。


新発売 「いつもの酵素」で効率的ダイエット

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)