若いころはあまり気にしていなかった肌のお手入れ。いろいろな部位のお手入れがあるかと思いますが、手を抜いていると、年を取ったときに目も当てられない状況になってしまいます。肌の衰えは、若いころに行っていたケアによって変わってきますから、後悔しないようにお手入れをしていくようにしてくださいね。


●女性たちがケアしなくて後悔した部位とは

「マイナビウーマン」を参考にしてみると、女性たちがケアしなくて後悔した部位の上位ランキングは以下のようになります。

第1位/「お腹」……25.4%

第2位/「顔」……22.2%

第3位/「太もも」……18.0%

第4位/「ヒップ」……16.4%

第5位/「髪の毛」……12.2%

第6位/「足先・かかと」……10.9%

第7位/「バスト」……10.0%

第8位/「背中」……9.0%

第9位/「ふくらはぎ」……8.0%

第10位/「首・デコルテ」……7.4%

(マイナビウーマンより転載)

やっぱりお腹が堂々の1位ですね。後は顔や太ももとなっていきますが、やっぱり、人への印象を与えるものが上位を占めていると言えるのではないでしょうか。


●なぜ後悔したのか

なぜ後悔したのかというと、結局お腹の場合は、脂肪になりますから脂肪はなかなか取れないものとなります。日ごろからケアしていたり注意していれば、太ることもなかったのにそれをしなかったからぽっこりお腹が治らないなんてことも頻繁にあります。太ももだってそうですよね。結局、セルライトをつけまくってしまったのは自分のせいなわけですから。短いスカートを履きたくても、かわいい水着を着たくても着れない。あの時にやっておけばよかった・・・と後悔しても遅いのです。


●顔についてはメイクやスキンケアを見直した方がいいよね。

最近では小学生からメイクをし始めていると驚きな話が出ています。小学生からメイク・・・。将来怖いですね。子供はしっかりとクレンジングをすることができているのでしょうか?後々になった後悔しても遅いということを、周囲の大人は教えているのでしょうか。大人でも大変ですのにね。若いころからメイクをすると、肌の老化年齢も早まると言われています。その状態を続ければ、肌は老けていきますし、その劣化を抑えるための努力をしないと意味がありません。


●「なる前」からケアをすることが大切

人が動き出すのは、なってからというのがほとんどです。でも、大切なのはそうなる前からなのです。顔もお腹も太ももも、その状態が悪くなってから慌ててケアをしたとしても、元に戻すことができない場合があります。また、元に戻すことができることであっても、それは時間がかかるわけですよ。肌の状態が良いと「今は大丈夫」と過信してしまいますが、その過信が命取りになりますからね。


●さいごに

お腹のケアは、運動をしておくことで今の状態をキープすることができます。太ももなどのセルライトは、つけない努力でつかなくすることができます。顔のシワ・たるみは保湿をしっかりすることで防げるでしょう。また、姿勢も関係してますからね。スマホやパソコンなどを使う時、知らない間に目に力が入ってしまうと、シワができやすくなってしまうので注意が必要です。もちろん猫背だって首にシワを作る原因になりますから、姿勢は正しくするようにしましょう。




bc52ea03af90a9e8634d579a57b30561_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)