クレンジングはスキンケアの基本中の基本です。毎日メイクをする人は、もちろんクレンジングを必ず行っている事でしょう。しかし、なぜクレンジングをしなければいけないのかと、疑問に思った事はありませんか?

きちんとしたクレンジングの意味がわかっていると、いかに大切な役割があるのか?ということが、理解できますし、正しくクレンジングを行う事ができるので、肌を良い状態に保つ事ができるので、ぜひこの機会に見直してみましょう。

クレンジングはなぜ必要なの?

クレンジングで落とすものは、油性のファンデーションをはじめとするコスメです。そのため、メイクをしていない人はクレンジングの必要ありませんが、メイクをしているのにクレンジングしなかったら、完全にメイク汚れを落とす事ができず、様々な肌トラブルが起こります。

また、コスメは油性なので、油分を利用して肌から浮き上がらせ、落とす事が必要になってきます。洗顔だけではクレンジングとはいえませんし、コスメは落とせないのです。そのためクレンジングは、主に油性成分と界面活性剤とその他の必要な成分で作られています。

界面活性剤は、水分と油分を乳化させるためのツナギの役割をするもので、配合されていないとクレンジングを水やぬるま湯で洗い流す際に、水をはじいてしまい洗い流す事ができません。とても重要な成分となっていますが、肌への刺激は強くなります。

これらの成分の配合バランスの違いで、オイルタイプやクリームなどクレンジングの形状が変わってきますし、界面活性剤の種類によって、クレンジングの質に違いがでます。

クレンジングの種類と肌への刺激

肌への刺激が強い順番に、並べてみましたので、違いを確認しましょう。

1.シートタイプ

油性成分はほとんど配合されておらず、界面活性剤の洗浄力のみで落とすので、肌への負担は一番強くなります。手軽ですが、日常使いには肌への負担がかかりすぎる上、ふき取る際に、肌へ小さな傷がつきやすくなります。敏感肌の方には向きません。

2.オイルタイプ

もっとも油性のメイクを落とす力が強くなります。しかし、界面活性剤を多く含んでいるために、水で簡単に洗い流す事ができますが、肌への負担は強いので、濃いメイクの時のみ使用しましょう。

3.ジェルタイプ

乳化していない状態の透明のジェルは、界面活性剤の配合量も多いので、肌への負担は大きめです。肌の上でコスメと乳化させる際にも、ジェルによっては、力が加わりすぎるので、使い方は手軽とは言えません。しかし、乳化している白いタイプのジェルであれば、肌への負担が軽くなりますので、選ぶ際は白い色のものがおすすめです。

4.クリームタイプ

適度な油分を含み、肌へ負担をかけないようにしながら、コスメをしっかり落とす事ができるので、一番おすすめのタイプです。しかし、各メーカーでテクスチャーにかなりの差があるため、ご自身の肌質や好みにあったものを選びましょう。

5.ミルクタイプ

水分が多く配合されているので、肌への負担は軽いのですが、メイク料を落とす力は弱いので、敏感肌の方、メイクが薄い方向けです。

最後にクレンジング剤の選び方ですが、それぞれのメイク料の種類や、メイクの濃さで選ぶようにしましょう。できれば、タイプが違うものを何種類か用意しておき、肌状態やメイクの濃さに応じて、使い分けをすると肌への負担が軽くなります。

また、使用量や使い方などもメーカーごとに違いますので、必ず使用方法を守って使う事が大切です。どのクレンジングを使用する場合でも、肌へ無理な刺激を与えないように、ゴシゴシこすったりすることは避け、やさしくていねいにクレンジングを行いましょう。



b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)