ここ最近、まつ毛エクステや赤いチークをがっつり入れるようなメイクが流行っていますよね。大人の女性向きの雑誌でも特集されているのをよく見かけます。「赤いチークはほろ酔いっぽくて色気がある」など取り上げられているのも見たことがあります。

ですが、これは若い子がすると可愛らしいかもしれませんが大人女子は加減を考えないといけません。ただ流行っているから!とこれをすると「やりすぎ感」が出てしまい、可愛いどころか下品に見えてしまいます。

確かにチークを入れないと顔色が良くなくて調子が悪いように見えてしまいますよね。でも年齢やシーンに合ったチークの入れ方やカラーがあります。あくまでもナチュラルに!でも健康的に美しく見られたいですよね。今回は上品に見えるチークの入れ方や年齢に合った理想のメイクを紹介します。

◆チークは大きくほっぺたにのせる

チークは大きなブラシでふんわりと全体に大きくのせると小顔に見えます! 高い位置にふんわりピンクを入れて柔らかい印象に。濃く入れる赤いチークは酔っているみたい……おかめインコみたいです。大人の女性は上品に仕上げたいですよね。色や入れ方でずいぶん印象が変わるのではないでしょうか。

◆20代の学生時代のメイクからは卒業しよう

ビジネスシーンや子供の学校行事ではナチュラルな上品なメイクにシフトしていきましょう。TPOを考えてメイクを楽しみましょう。またメイクはマナーですので何にもしていない手抜きの「すっぴん」でのお出かけも社会人になったら避けたいですよね。

周りの人たちに疲れた感、生活感を出してしまうのはあまり良くないのではないでしょうか。大人になったらメイクは「身だしなみ」ですので気をつけましょう。会社でも明るいイメージだと感じが良いですよね。

◆疲れをカバーしよう

クマやくすみをカバーして元気なイメージを与えるメイクを心がけましょう。シミなどアラを隠すことばかり考えていたらファンデーションの厚塗りになってしまうので気をつけましょう。これだとただの化粧の濃いケバいおばさんになってしまいます。粉っぽくなるのも時間が経ち、メイクが崩れてくるとシワが目立ちますのでファンデーションの塗りすぎは控えましょう。そして自然なチークで明るさをプラスして健康的なお顔にしましょう!

◆まつげエクステは控えめに

たまに年齢とまつ毛のバランスがとれていない人がいます。盛りすぎはNGです。ひじきのようなマスカラたっぷりアイメイクももう古いですよね。また目を大きく見せるカラコンもありますがこれも不自然な人がいます。自分の顔のバランスを考えてやりましょう。やりすぎ、盛りすぎはビジネスシーンにはふさわしくありませんね。

どれも目を大きく見せてくれたりして美しく見せてくれるものかもしれませんが、社会人になったら服装とのバランスやTPOなどを大切にしたいものです。一歩間違えるとギャルみたいなメイクになってしまいます。

◆ネイルは控えめに

社会人になったらネイルの長さ、色も控えめにしましょう。ビジネスシーンにふさわしい短めで色も薄い分ピンクなどにしましょう。キラキラ、ラメが大好きな乙女心もわかりますが、これはプライベートで楽しんではいかがでしょうか。いつまでも若い子と同じ感覚でいるとイタイ人に見えてしまいます。

◆眉毛は剃らない

今はナチュラルな眉毛がいいですね。抜いてしまうことや、剃ると年齢を重ねると次になかなか生えてこなくなってしまうことも。カットして整えてナチュラルな眉毛がいいですね!

いかがでしたか? やりすぎると頑張りすぎているイタイおばさんに見える。でもやらないと疲れたやつれた元気のない人に見えてしまいます。健康的なツヤのあるお肌はみんなの憧れですよね。歳を重ねるごとにそれに合うメイクを追求して自分らしく美しくなりたいですね。



5
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)