年齢を感じさせる首のシワ。これ、使っている枕が原因かもしれませんね。そもそも、首のしわってなぜできるのでしょうか?


●首のしわが出来てしまう理由

首は顔と違ってとても無防備です。顔はしっかりメイクしていても、首から下にシワがあると化粧が老け隠しに見えてしまうでしょう。首のシワってなんでできるんでしょうかね・・・。

①首のスキンケア不足
顔よりも皮膚が薄く乾燥しやすい首は保湿をしなければいけませんよ。朝夜の保湿だけでは足りないので日中も保湿し、寝る前は乳液やクリームを塗るくらいの勢いじゃないとダメですよ。首のシワは横にできるので、横方向に塗ってマッサージをしてください。

②枕が高い
1日のうちに何時間も首にシワを作りながら寝てしまうと、形状が定着してしまうので危険です。枕は「位置」を考えた方がいいですよ。首を支えることが大切なので、頭だけでなく、肩から支えるようにしシワができない位置で眠るのがコツです。

③紫外線
顔は一年中UVカットをしていても、首までしている人はあまりいません。紫外線は、肌にとって重要なコラーゲンやエラスチンがダメージを受けますのでしみやしわが増えます。

④姿勢が悪い
猫背や首の前傾など姿勢が悪いことで筋肉が凝り、リンパの流れを抑制して首にシワができてしまいます。首を下に向けるのがよくないということです。


●首のしわの改善法とは

首のしわを解消するにはどういった方法があるのかというと、やっぱりマッサージやストレッチが効果的になります。リンパマッサージは首や顔などの上半身の場合、上から下へとマッサージするようにしましょう。マッサージをする際は、直接肌に触れるのはよくありませんから、マッサージクリームなどを使って滑りをよくしてくださいね。ストレッチは二重顎を解消するためのストレッチが首のしわにも有効になります。アゴを突き出して15秒程キープするなどのストレッチがオススメですよ。


●枕で対策しよう

先ほどもいいましたが、首のしわの原因には枕もありますから、自分に合ってない枕を使うのは辞めましょう。合っていない枕をずっと使い続けると、首のシワが癖になってしまいます。合ってる合っていないがわからないのであれば、一緒に住んでいる人などに確認してもらうといいですね。後は、肩こりが全然治らないようなら枕に問題があります。


●加齢も原因

首のしわと加齢にはどうしても切っては切れない縁があります。加齢によって皮膚はコラーゲンや水分量を失ていきますから、筋力も低下していきます。そうなると、頭を支える首の筋力も弱まっていくんですよ。首に太い線のしわが入っているようであれば、加齢が主な原因になるでしょう。こういう場合は、マッサージやクリームなど日々のお手入れを強化してください。


●さいごに

首のしわは完全に消すことができなかったとしても、「薄くする」ことはできます。加齢は止められないと諦めてしまうのはもったいないですね。保湿やマッサージなどを徹底して、シワを伸ばしていくようにしましょう。即効性があるものなんてありません。ゆっくり時間をかけて対策していけばいいと思います。もし即効性を望むのであれば、美容整形という手もあります。美容整形の場合、即効性はあるといってもその分予算などの問題がありますので、自分に合ったもので対策をしていくようにしましょうね。




f888835579d6cdfdc18276d20b49c98f_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)