口を動かすたびに気になる口周りのニキビ、そのニキビはもしかしたら体の危険信号かもしれません。原因と対処法を知って、上手にニキビ解消しちゃいましょう。

【口周りは消化器官の危険信号!? 飲みすぎ食べすぎにご用心】

体調が悪い時はまず肌に影響が出るというのは、美容業界では常識の話ですよね。当然、ニキビも体のどこかに不調があるからこそできるもの。口周りのニキビは消化器官のトラブルの前兆なのです。食べすぎや飲みすぎにより胃や腸に負担をかけすぎた、ストレスで胃がキリキリする、こういった現代人の生活習慣に起因する原因が胃腸を弱めている可能性は十分にあります。思い当たることがあれば早急に改善することをお勧めしたいと思います。

【胃腸の不調が進むと他の症状も出てくる】

口周りのニキビはまだまだ前兆に過ぎません。「ちょっと体調悪いよ!気を付けてよ!」という体からの最初のサインと言えます。しかし、それを改善せず放っておくと今度は「なんで気づかないんだろう? もっと訴えなければ」と他の場所にもサインを送り始めます。なんとなく疲労感を感じる、貧血が起こる、月経量が増えた!立ちくらみがする、というように全身に影響が出てきますので、口周りにニキビが出来たら一度立ち止まって体の調子を確認するようにしましょう。

もし、他の兆候が出てきているのであれば、相当体が悪くなっている証拠です。悠長にせず、早急に自分の生活習慣を見直すようにしましょう。そのままにしておくと、どんどんひどくなり、最後は自分ではどうしようもない状態になることもあり得ます。大切な自分のカラダですから、大事に向き合うようにしましょうね。

【適切な対処で口周りのニキビをケア!】

口周りのニキビの原因は胃腸が弱っているサイン。ということは胃腸の調子を整えてあげればニキビに対処できるはずです。まず意識することは、暴飲暴食を避け、胃に優しい食生活を心がけるということ。当然油っこいものよりもあっさりした食事のほうが良いですし、消化に優しいものを食べることも大事です。

また、お腹もすいていないのに「時間だから」とか「今食べないとしばらく食べれないから」などという理由で無理にお腹に詰め込むようなことをしないことも大事です。胃に負担をかけないよう、普段から気を付けるようにしましょう。

【積極的にケアすることも大切】

胃に優しい生活をして守るだけではだめです。積極的に胃をケアすることも大切です。野菜に含まれるビタミンは肌の新陳代謝を促し、ニキビの鎮静化に一役買ってくれます。毎日野菜が取れないという人は野菜ジュースでも構いませんので、積極的に植物性ビタミンを摂取しましょう。食後にお茶を飲むのも胃腸ケアにぴったり。空腹時の緑茶は胃荒れの原因になりますが、食後に飲むと胃腸の働きを活発にしてくれますので、弱った胃腸のカンフル剤のような効果が期待できます。

【口周りのニキビは汚れに気を付けよう】

口周りのニキビはいろんな刺激にさらされる危険性を秘めています。食事後の汚れや、それを拭うときの刺激などニキビにとって良くない状態の時が多いのです。食事マナーを見直し、できる限り口周りを汚さないようにすること、また、ナプキンなどでごしごしこすって刺激を与えないようにすることを心がけましょう。

気になってニキビを舐めてしまう人も要注意です。唾液が乾くときに乾燥し、余計な皮脂を生み出し、それがニキビ悪化の原因となることもよくある話。体の調子を整え、ケアをしつつニキビの鎮静化に努めましょう。

ノブ ACアクティブトライアルセット

c00928fdf5cf78ff95881283c7a991bf_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)