超簡単にヘアアレンジができる【くるりんぱ】。使い方はとっても簡単。結んだ髪にくるりんぱを通し、結び目の根元から毛束を引きぬくだけ!これだけで時間がない朝でもすぐに立体的な髪形を作り上げることが出来ちゃいます。

でも!残念ながらみんながみんな素敵ヘアになれるとは限りません。やり方次第ではちょっと貧相に見えてしまうことも…ただ、ちょっとした工夫次第で美しく仕上げることが出来るので、コツを知ってワンランクアップの髪にしあげましょう。


【ゴムが見えたら魅力半減?目立たないものを選ぼう】

ゴムが目立つとちょっとダサいイメージに仕上がってしまいます。髪色に近く、細めのゴムを選ぶと良いでしょう。また、最後の仕上げにバレッタなどを使いゴムを隠すのも一つの手。とにかくゴムを使っているのが見えるだけでなんとなーく垢ぬけなくなってしまうので気を付けましょう。


【ボリューム不足はおばさんっぽい!ふんわりさせることが大事!】

きつく結んだ髪でくるりんぱをすると、立体感が少なく、アレンジした意味がなくなってしまいます。それどころか「髪が少ない?」「もしかしてそういう年齢?」と嬉しくない誤解を与えかねません。最初の段階で、髪に余裕を持たせておくことが大切です。結んだゴムをちょっと引いてラフにしておく、この手間が仕上がりの差につながってくるのです。また、ねじった部分をつまんで髪を引き出すと、よりボリュームを出すことができますのでお勧め!ただ、やりすぎたりバランスが悪かったりするとやつれて見えたり、ただの乱れに見えたりすることもあるので注意が必要です。


【最後の仕上げは髪の引き上げ!】

くるりんぱをした後、髪をきゅっと引き上げると結び目がくるりんぱの下に来るので、おしゃれに見えます。引き上げすぎると崩れすぎてしまうので、上手に加減しながら引き上げましょう。その際、髪のバランスを整えたりするようにすると、より美しい仕上がりになりますよ!


【くるりんぱアレンジでいろんな髪形に挑戦!】

くるりんぱはアレンジが効くのでいろんなアレンジを楽しみたいですね!先述したバレッタを留めるなんてアレンジのうちには入りません!高等アレンジ法を学んでくるりんぱの達人になりましょう。ねじってねじってねじりまくったくるりんぱは、そのままでも上品な雰囲気になりますが、そのねじりの真ん中に髪を差し込んでお団子ヘアにあら不思議!なんとなーくセレブ風に仕上がります。このアレンジを行うためには、最後の毛束を中に押し込めるだけの空間が必要。つまり、最初に髪を結ぶときに隙間を開けておかないといけないということ!ちょっと強めにゴムを引いておきましょう。

また、お団子にせずとも、毛束を複数に分け、ねじりに沿わせて中に押し込んでいく方法もあり、こちらの出来上がりは若い女の子!というイメージ。ねじりを隠すように丁寧に一束ずつ中に入れ込み、セッティングすると、襟足にボリュームを持たせることが出来るんですよ。他にも、上の方でまとめるカールを加えてガーリーに仕上げる、くるりんぱ後の髪を上にまとめ上げお団子にするなど、同じくるりんぱを使っていてもその出来上がりは人それぞれ。ネットでアップされているものも多く、その中には「え!?それもくるりんぱなの!?」とびっくりしてしまうものもたくさんあります。アレンジバリエーションの幅も広く、使い勝手が良いくるりんぱ。安価で入手できますので、ぜひ一本は持っておきたいものですね!


この記事だけでなく、いろんな雑誌やネットなどでいろんなアレンジを見ることが出来ますので、これを機会にくるりんぱの達人を目指してみてください♪めざせ!おしゃかわガール!です。




bride-997604_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)