朝目が覚めて、今日も一日頑張るわよ!と思いおもむろに鏡を見たら・・・自分の顔がブルドックみたいに“しわしわ”、“たるたる”になっていて、「何コレ??ウソでしょ!?」と朝からテンションがガタ落ちとか毎日の生活の中でのお肌の悩みはつきもの。特に疲れやむくみなども重なって、目元・口元・目じりにできる「しわ」は女性の顔の印象を大きく左右するウィークポイント。女性なら誰しもどうにかならないか?消せないか?一度は考えると思うわ。そこで今日は、ブルドックについてじゃなく、女性のお肌の天敵「しわ」について、どうすればしわを作りにくいお肌なるのか?しわを減らすにはどうすればいいのか?薬膳でしっかりひも解いていくわよ。


◆“しわ”って何でできるの??

はっきり言えば“しわ”は、歳をとるにつれ必ず誰もが出てくるお肌の老化の現象の1つ。お肌の水分量や代謝の低下、コラーゲンなどの美肌成分を持っている量が少ないなど、老化現象と見れば原因はたくさんあるのよ。ただし、老化によるしわができるのは本来、閉経などのホルモンバランスの変化が起きる35歳~42歳以降からのお話。なのに、若いうちから“しわ”が・・・となっていたら、それは本来の「老化によるしわ(老化しわ)」とは全くの別物。いうなれば、「不本意しわ」とでも言えるわね。事実、朝晩しっかりケアして、化粧水や乳液やジェルもつかって、気を使っているばっちりOLさんですら、気づけば多い不本意しわ。しっかりケアしているのに、なぜ?そこには老化しわとは異なる隠れた原因があるのよ。


◆不本意しわは○○○からのHELPサイン!

辛いかもしれないけど、心して聴いてほしいの。この2種類のしわ、特に不本意しわは、乳液や化粧水が効かないのよ!語弊を招くといけないから、補足すれば効かないわけじゃないの。一時的に良くなるように見えるだけで終了。しわを無くすというより、見えなくするだけ。でもなぜ?これには理由があるの。老化しわは、歳を取るにつれお肌に潤いを補充する力が弱まるから、化粧水や乳液で補うことはできるけど・・・・不本意しわはまったく原因が違うの。その原因は3つ。

①消化器系が弱っている
②肝臓が疲れている
②ストレス

特に、消化器の弱りがダイレクトに出てくるのよ。まさに、お腹からのエマージェンシーコールよ。これを改善しない限り、いくら化粧水や乳液とか使っても、高いパックやエステを使っても効果はまったくなし!それどころか、お肌が余計に荒れたり、乾燥したり・・・・負のスパイラルに入っちゃうわね。でも、安心して頂戴。今原因を知ったからには、あとはメカニズムを知ることで絶対に改善できるわ。


◆不本意しわのできるメカニズム

不本意しわは、お肌の筋肉の衰えや栄養が不足してできるもの。特に筋肉やお肌と密接な関係を持つのが消化器(脾臓)なのよ。消化器(脾臓)が弱ると、どうなるのか?

①「気・血・水」といったカラダを潤すための栄養成分が不足
②腎臓・肝臓が弱る
③カラダが潤わなくなる
④脾臓が弱くなり、筋肉や皮膚が衰える
⑤不本意しわが生まれる

この一連の流れがずっと続けば、余計に悪化・・・初期段階ならすぐに直せても、習慣化されて体質になってしまうと治すのが大変。また、注意が必要なのが「ストレス」。ストレスは、ダイレクトに消化器系や肝臓を攻撃するから一連の流れを吹っ飛ばしてどんどん不本意しわを作ってくるわ。これが不本意しわができるメカニズムなのよ。


◆不本意しわをなくすには、おなかを元気にすることが最短ルート!

では、具体的にはどうすればいいのか??それは毎日の食事に、「カラダを元気にする食材+めぐりをよくする食材」を加えて食べるだけ。

●カラダを元気にする食材
主にお肉や魚、ごはん、じゃがいも、かぼちゃ、キノコやキャベツなど。

●めぐりを良くする食材
主に豆類、玉ねぎ、トウモロコシ、柑橘類など。

ポイントは、消化器(脾臓)を元気にし、カラダから余分な水分を取り除くこと。そうすることで、消化器のコンディションが整えられるのよ。これを聞くと逆に、水分を失うと余計にしわが増えるのではないか?って心配になっちゃうわよね。でもそこは大丈夫。

『消化器が弱くなる=水分代謝が悪くなる』

そうなると、カラダには老廃物とか濁ったお水がどんどん溜まる溜まる・・・その結果、栄養がカラダの隅々に行きわたらなくなって、肌がたるみ、しわができ始め、肌ツヤが悪くなり、筋肉も衰えてくる。そして、さらにしわが増える。まさに負のスパイラル。だからこそ、いったん濁った汚いものはカラダの外にバイバイしなきゃダメなのよ。そのために余分な水分を取り除く必要があるの。


◆最後に

“しわ”の多くは、老化によるものではなく、おなかのバランスが崩れることで起きるものばかり。生活の中で、おなかを元気にすることがしわをなくす最短ルートになるわ。そのためにも、今日学んだことを少しでも意識していくことで、毎日のスキンケアで数段上のお肌になることもできるし、老化しわも抑えることもできちゃう。まずは、カラダを元気にする食べ物またはめぐりを良くする食べ物を少しずつ食事に取り入れて、実践することが大事。無理をせず、楽しみながらマイナス10歳肌を目指していきましょう。




f8462ca86764ed96bb38a77dbc5df05e_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)