流行には乗っているはずなのに何かぱっとしない……。そんな時、まず見てみるのは全体の配色。色って実は大事、周囲への印象の決め手にもなるくらいです。アナタの配色、間違ってないか今1度確認してみましょう。

【まずはベースになる色を決めるべし! 自分に合う色はどんな色?】

まず、カラーコーデ失敗の原因となるのは≪色を使いすぎ≫。カラフルに色をたくさん使ったんだからきれいに見えるはず、なんていうのは言語道断です。まずメインとなるベースカラーを決め、その色に合う色を差し込んでいくのがカラーコーデ成功のカギとなります。

ベースカラーとして選びたいのは、「よく使う色」や「顔色が映える色」「自分のイメージに合った色」などです。地味であろうが派手であろうが構いません。自分で「コレ!」と思った色をベースに選びましょう。ベースカラーは一番大きく使う色ですので、そのカラーによって自分の印象を左右することになります。

【ベースカラーが決まったら、そこに色味を足していく】

ベースとなるカラーが決まったら、その色に合う色を選びましょう。差し込む色は多くて2色くらいまででとどめておく方がオシャレに見えますので、ベースカラーと合わせながら吟味するようにするといいかもしれませんね。

例えば、水色のワンピースにピンクのリボンベルトを付け、白のカーディガンだと清楚なイメージに見えますが、そこに緑のバッグや真っ赤な帽子、黒い靴を履くことを想像してください。なんとなく、イメージがまとまらず、ごちゃっとした感じになりませんか?

そんな風にごちゃごちゃしてしまうと、1つ1つのアイテムが可愛くても全部が主張しすぎてしまい、中途半端なおしゃれになってしまいます。たくさんの色を使うのではなく、色数を抑えてイメージを固定させることがカラーコーデの極意なのです。

【ベースカラー以外の色は小物で選ぶのが吉】

ベースカラーに差し込む色の面積を大きくしてしまうと、どちらがベースカラーなのかわからなくなってしまい、やはりまとまらない印象を与えてしまいがちです。なので、その他のカラーは小物などで差し込むのがベスト。ピンポイントで主張してくれますので、より一層周囲の目を引くこと間違いなしです。

特に「白にビビットな赤」や「黒に白の水玉」など対極の色を差し込むと2つのカラーがお互いを際立たせ合うため美しく見えますよ! この差し色選びが腕の見せ所というわけですね!

【濃淡の違いは一色と思っていい】

ここで注意したいのが「この色使ったからこれはダメだな~」となんでもかんでも諦めてしまわないようにすることです。濃淡程度の誤差であれば一色として扱っていいでしょう。その証拠に、カラー使いの上手な人はベースカラーと同じ系統の色だけで上手に着こなしたりもしていますよ。

淡い水色から濃い水色までを上手に組み合わせ涼やかなイメージを持たせたり、薄いピンクから朱色に近い濃い目のピンクまでを上手に使いふんわりかわいらしい雰囲気にまとめてみたりすると、上品に仕上げることができますね。けれどやはりベースカラーと同系統のみで仕上げるのは難しいと思いますので、せめて差し色を1つは入れておいた方が無難かもしれません。

【手持ちの服をもう一度チェックしてみましょう】

さて、ここでアナタの手持ちの服を見てみましょう。1番多い色は何ですか。その色をベースにして差し色を選んでみてください。1つ1つのアイテムが可愛いのであれば、色使いを気を付けるだけでセンス良く着こなすことができるはずです。個々のアイテムばかりを見つめずに、全体のイメージでコーディネートするように心がけてみてくださいね。

女性ファッション【UPTOWMHOLIC】

c1e2a89562a134a443e5e72cdc2b7e54_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)