誰もがネイルをしたことがある今、ネイルの基礎知識ってなかなか人には聞きにくいものですよね。正直に言って何がわからないのか曖昧なラインですし、もしかしたら間違って覚えていることもたくさんあるかもしれません。そこで、ネイルの基礎知識について一緒におさらいしていきましょう。今回は「カットスタイル」についてお話したいと思います。

◆ネイルを整える プレパーションについて

マニキュアやジェルネイルを塗る前の下準備のことを「プレパレーション」と言います。せっかくのネイルを長持ちさせるためにも、下準備が大切となってきます。プレパレーションでは、爪の長さと形を整えていきましょう。二枚爪などを予防するためにも、爪切りではなくファイル(爪やすり)を使用して丁寧に削っていきます。

爪を整えるタイミングは、お風呂あがりなど爪が柔らかくなっている時が適切です。爪の長さや形を整えるためにはファイルを1方向に動かしてください。左右にゴシゴシとこするのはNGです。また、爪の横や爪の間に削り残しが残らないように、爪先の裏も確認して削るようにしましょう。

◆爪の形を決める カットスタイルについて

自分の手や指の形によって似合う爪の形もありますし、やりたいデザインに合わせて爪の形を決めるのも良いのではないでしょうか。形や長さを少し変えるだけでも印象もガラッと変わります。今回はカットスタイルの中でも、人気のあるスタイルをご紹介していきたいと思います。

・スクエアオフ

爪の先端、側面ともにストレートで、角に丸みもつけた形を「スクエアオフ」といいます。爪の長さが際立つため、指を長くキレイに見せたい方にオススメです。特に、爪の伸びている長さが短い方、爪のピンクの部分が短い方は、短さを目立たなくさせます。またフットネイルでは、スクエアオフに整えるのが基本となっています。

・ラウンド

爪の側面はストレート、先端はゆるやかにカーブを描いた角がない形を「ラウンド」といいます。スクエアオフとの違いは、先端が少し丸みを帯びているところです。とがった爪が苦手な方や、ラウンドオフよりも優しい印象にしたい方は、ラウンドがオススメです。強度もあるため爪が割れやすい方にも適しています。

・オーバル

先端をたまご型に整えた形で、ラウンドよりも側面もゆるやかにカーブを描いているため、先端も更に丸みを帯びています。カットスタイルの何よりも優しい印象になるため、1番人気のあるスタイルです。派手なネイルよりも淡いネイルなどに適しています。爪の伸びている長さが長い方、爪のピンクの部分が長い方には特にキレイに映えます。

例えば、単色で派手なネイルをするときは、短めのラウンドオフにカラーをのせることでネイルが映えますし、オフィスでも問題のないようなピンクベージュのネイルをするときは、オーバルにしたほうが映えるのではないでしょうか。好みやタイプに合わせて、皆さんも爪の形を整えてみてくださいね。

爪をケアできる美溶液ネイル

e27b1d2207fa79bbeabf772d98783502_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)