ぱっちり二重って憧れますよね。でも悲しいことに、日本人には一重瞼が多く、アイプチで誤魔化している女子がそこら中にいるのが現実です。でも…アイプチで誤魔化している人の中には、そんなの使わなくても二重になれる素質がある人が潜んでるって知ってましたか?「二重になりたいけど、整形しかないもんな~」なんて悩んでるあなたは自分の持っている可能性に気づいてないかもしれません。今回は自力で二重になる方法をご紹介!憧れの二重瞼を手に入れましょう。


【二重の素質保持者はこんな人!】

①二重の線を持っいる、または擦ったりしたときに出てくる
②眠くなったりすると二重になる
③力を入れるなど、アクションをすると二重になる

こんな人は二重の素質アリ!ちょっと頑張ったら二重になれる可能性は十分にありますので、頑張ってやってみましょう。


【二重への道は瞼の脂肪落としから】

まぶたに脂肪があると、どうしても目が腫れぼったくなり二重の線が出来にくくなります。なので、二重になりたい!という人は瞼ダイエットをする必要があるのです。まず、蒸しタオルやお風呂で瞼の血行をよくします。その上で目の周囲をマッサージしましょう。痛いほどぐりぐりなんてしなくっていいのです。気持ちいい程度の強さでもんだり引っ張ったりするのがベスト。そして最後に親指の腹で優しく瞼を持ち上げ二重の線を意識してみましょう。何度も繰り返していくうちに自然と二重に近づいていきますよ。


【邪魔な蒙古ひだを柔らかくして二重に近づこう】

日本人には蒙古ひだという目を小さくしてしまうヒダヒダが目がしらについています。しかし、この蒙古ひだがあっても二重になれる人もいますよね。その違いは蒙古ひだの柔軟性。清潔な手で目頭を押さえ、ひだを無くすようなイメージでそのまま30秒ほど待ちます。目が疲れた人が良くやるあの動きです。あれをやって蒙古ひだを柔らかくしましょう。また、蒙古ひだ周辺を揉むようにマッサージするのも効果的!眉の生え際から蒙古ひだ、そして目頭の下まで揉んでいきましょう。一連の動きを1日に2~3回やれば効果が期待できるはずです。


【瞼を引っ張って浮かせるのもオススメ!】

筆者は眠い時に目をこすると「目は擦るな!」と怒られていたので瞼をひっぱっていました。でもこれ、結構よかったみたいです。ちょっと大きくなってきて一重に悩んだ時、この動きで二重にならないかな?と一日に何度もするようにしていたら薄いけれど二重の線が出てきたんです!これ、絶対効果あると思うんです!一重仲間のみんな!やってみてください!(ちなみに他のマッサージなども併せて行ったらちゃんと二重になりました)


【噂ではオロナインを使った二重法があるとか!】

ちょっとびっくりな方法ですが、オロナインで二重になる方法があるそうです。なんでも発汗作用があるのでまぶたの脂肪を減らしやすいとか…筆者は前述までの方法で二重になれたのでオロナインは知らなかったのですが、ネットで見たら結構成功者がいるようなのでご紹介しようと思います。

~使い方~

①寝る前にまぶたに塗って目を閉じたまま眼球を動かす
②二重ラインにしたいところに塗ってヘアピンなどでなぞる

とのこと。効果があったという声となかったという声と半々(?)くらいの評価をみかけたので「本当に効くのか?」という気持ちもありますが、こんな方法もあるよということで紹介させていただきました。が!しかし、目に入ったりしたらどうなんでしょうか?筆者も小さいころからオロナイン愛用者なんですが、あれ、皮膚炎なので薬としては弱いものではないはず…ちょっとやってみようと思った人は絶対に目に入らないように気を付けてやってくださいね。


1日中ぱっちり二重をキープ

portrait-1319951_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)