お風呂の時は湯船に浸かる派ですか? それともシャワーで済ませてしまいますか? 温泉や、銭湯、自宅の湯船でも、逆上せてしまうから長湯できないという方もいらっしゃいますよね。しかし、湯船につかり身体を温めることでダイエット効果や、美容効果など様々なメリットがあるのです。今回はお風呂にたった10~20分浸かるだけで得られるメリットや、シャワーを浴びるだけの危険性についてのお話です。

◆お風呂に浸かる事のメリット

入浴は体の汚れを落とすだけでなく、ダイエットや健康促進効果、リラックス効果、寝つきが良くなる、マッサージ効果など、様々な効果が期待できます。体を洗うだけでは落としきれない垢や、毛穴の汚れを浮かせ落としやすくしてくれるほか、血行を良くし、むくみや肩こりの解消、冷え性にも働きかけてくれます。

また入浴するだけで、ジョギングと同等のカロリー消費をしていると言われており、20分の入浴で約300から400キロカロリーも消費しているんです。ジョギングや有酸素運動を行うのが苦手な人でも、お風呂に浸かるだけならできそうではありませんか。

◆シャワーだけの危険性

シャワーだけで済ませてしまう方が多いのではないかと思いますが、体臭をきつくしてしまう原因になっていることを知っていましたか? シャワーだけでは毛穴の中に溜まっている汚れや、老廃物までは浮かび上がらせることはできません。肌に老廃物を蓄積したままの状態になってしまい、毛穴に溜まった細菌を分解するときに「分解臭」や「酸化臭」といった、いわゆる体臭が発生する原因となってしまうのです。

また血行不良やむくみを解消できず、体は綺麗になっても疲れが溜まりやすくなり、快適な睡眠を得られないことに繋がり、悪循環となってしまいます。

◆効果的な入浴方法

効果的な入浴方法として、高すぎる温度での入浴は、体に負担をかけ、様々な障害になってしまいます。適正な温度と時間を心がけることでより一層効果を発揮できると言われています。またお風呂の温度によって得られる効果をご紹介したいと思います。

・血行を促進し、肩こりや冷え性、腰痛などに

肩こりや腰痛、むくみや体の冷えなどが気になる方は、39~41度の温度で、たっぷりのお湯に20~30分浸かるのがオススメです。水圧がかかることでマッサージ効果が加わり、血液循環を促進してくれます。

・リラックス効果やぐっすり眠りたい方に

今日も1日頑張った! ゆっくり寝たいなぁという方には、38~39度のお湯を胸ぐらいの高さまではり、10~20分の入浴がオススメです。副交感神経を刺激し、リラックス効果を得られるので、質の良い睡眠や、昼間の疲れやダメージの回復に働きかけてくれます。

・ダイエット効果をより発揮し、高めたい方に

ダイエットに効果的でよく取り入れられているのは半身浴ですね。発汗を促す為デトックス効果や、血行をよくし新陳代謝を高めると言われています。みぞおちから下が隠れるぐらいの38~40度のお湯に、約20分かけてゆっくりと浸かることで、じんわりと汗をかきダイエット効果を発揮します。水分を補いながら半身浴を行うことで更に効果が期待できます。

◆逆上せる原因、残留塩素

お風呂に長く浸かっていると逆上せてしまうという方もいらっしゃいますよね? 逆上せてしまう原因は何なのでしょうか。自分の体温よりも高いお湯に入ることで、ほてって高くなった体温を元の状態に戻そうとする機能が働きます。

熱を発散させるための発汗や、血液循環が行われるようになり、心臓がドキドキする、心拍数や血圧が上昇するといったことが起こります。温められ活発になった血液が脳に流れ込むことで、意識がボンヤリとなり「のぼせた」という状態になるのです。

また普段使っている水道水には、残留塩素が含まれているのをご存知ですか? 水道水を処理し各家庭へ送られていますが、水を運んでくる水道管や貯水タンクの中には、錆や有機化学物質などが残留し水道水に混ざっています。その中にはトリハロメタントリハロメタンいう発がん性物質が含まれているということがわかっています。

残留塩素は約40度前後のお湯で気化してしまいます。気化した塩素を吸い込むと、神経や内臓器官に影響を及ぼし、逆上せたような感覚になると言われています。また残留塩素は髪や肌を乾燥させたり、ビタミンCを流出させたりと体全体にも悪影響を及ぼします。

◆塩素除去してくれる入浴剤

せっかくお風呂に入るなら、気持ちよく適切な時間ゆっくり入りたいですよね。上記でお話した残留塩素ですが、その影響を抑えることのできる入浴剤もあります。

・おぷろ

水道水中にある残留塩素をビタミンCとアミノ酸で除去し、お湯あたりをまるく柔らかにしてくれます。またコラーゲンや、ヒアルロン酸などのうるおい成分も含まれているのでお肌にも優しく、アトピーでお悩みの方にもオススメです。入浴剤だけでなく、塩素を除去してくれる浄水器や、シャワーヘッドなどを合わせて使用することで、相乗効果を期待できます。

いかがでしたか? お風呂に浸かることでの様々なメリットを、知っていただけたかと思います。寒い冬だけでなく、日頃から入浴の習慣をつけることで、体も心もさっぱりし、さまざまな相乗効果を得られるという事を知っていただけたかと思います。入浴が面倒だと思っていた方も是非、体と心のケアの為に、取り入れてもらいたいですね。

天然アロマの香り!至福のバスタイム【Fermiss(フェルミス)】

girl-1358371_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)