もはや女子のたしなみとも言えるネイル、今更になって基礎的な知識を誰かに聞くのは気恥ずかしいような気もします。自分でも何がわかっていて何がわかっていないのか明白ではありませんから、聞き方がわからないというのもあります。

それでも1度は挑戦してみたいのが、「セルフネイル」ですよね。前回に続きまして、今回も「フレンチネイル」についてお話していきたいと思います。キレイに塗るのが難しいフレンチネイルですが、初心者でもできる方法をお話していきたいと思います。(フレンチネイルの種類はこちら)

◆基本的なフレンチネイルの塗り方

まずは、フレンチネイルの基本的な塗り方についてお話します。フレンチネイルは一気に塗ってしまうのではなく、半分ずつに分けて塗っていきましょう。はじめに半分側の山を描き、その後にもう半分側の山を書きます。最後に間の少し平らになる部分を埋め、形を整えることで完成です。

◆道具を使ったフレンチネイルの塗り方

もしも上手にできない場合は、マスキングテープや絆創膏を使った塗り方もあります。

・マスキングテープを使った塗り方 (ハーフフレンチ)

ハーフフレンチは真ん中で色を分けるため、初心者でも挑戦しやすいかもしれません。まずは、マスキングテープを用意してください。テープの位置を決めるときに何度か貼り直すこともありますから、皮膚のケラチンをつけてテープが剥がれやすいようにしましょう。粘着が強すぎると、ネイルがよれることがあります。また、テープの配置を決めてしっかり貼らないと、キレイにネイルが塗れなく可能性もあります。

・絆創膏を使った塗り方

はじめに、ちょうどいい大きさに絆創膏を真ん中で切っていきます。1枚で爪2本分、5枚あれば両手分ができます。切ったものを爪に貼る前に、絆創膏を何度か手の甲に貼ったり剥がしたりを繰り返し、粘着力を弱めてください。絆創膏はフレンチに死体部分を残して爪に貼ってください。自然なカーブになっているので、キレイにフレンチネイルを仕上げることができます。

◆上手にフレンチネイルができなかった時のごまかし方

道具を使ってもキレイに塗れない場合は、ストーンやグラデーションでごまかしてしまいましょう。

・ホログラム

フレンチネイルにカラーリングした部分との境目をホログラムにしてしまうことで、グラデーションのような仕上がりにすることができます。ホログラムをすることで、指先を華やかに見せることができます。

・グリッター

ゴールドやシルバーなどのグリッターラインを引くことで、フレンチのラインを活かしてごまかすことができます。仕上がりもシンプルなので、派手すぎないのが好みの方にオススメです。

・ストーン

ストーンにも様々ありますから、好みのものを選んでください。特に、派手になっても構わない方にオススメです。グリッターラインと合わせてごまかすのも良いかもしれません。

フレンチネイルは慣れるためにも何度か挑戦してみるしかありません。利き手側をやるのは更に難しいですから、早く感覚を掴んでネイルアートを楽しめるようになりたいものですよね。次回もカラーリングの仕方についてお話していきたいと思います。



IMG_0864
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)