ハリのある美しい肌、つややかな髪、豊かなバストやヒップ、前向きな心、晴れやかな気分。女性なら誰でも持ち続けたいものですよね。これらは全て女性ホルモンを増やすことで手に入れられるってご存知でしたか?でも、どうしたら女性ホルモンは増えるのか、具体的にはよく分かりませんよね。今回は、女性ホルモンと「美」についての関係をよく知り、女性ホルモンを増やしてあなたがキレイに輝きつづけられる方法をご紹介します。


方法その1:女性ホルモンって増やせるの!?まずは基礎知識を知る

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの二種類があり、その内、美肌、美髪、魅力的なバストやヒップを作っているのが、別名「美肌ホルモン」とも呼ばれているエストロゲンなのです。エストロゲンは、月経後から排卵前までに多く分泌され、エストロゲンの分泌が多い時期は、体も肌も心も安定して、比較的体調が良い時期だと言えます。このエストロゲンは主に卵巣で作られていて、思春期以降に分泌が増加して、40歳以降に分泌が極端に低下してしまうんですね。イライラや不安、ほてり、めまい、肩こり、不眠などの更年期症状は、このエストロゲンの分泌低下によって引き起こされると考えられているんです。


方法その2:加齢だけが原因ではない?!女性ホルモン分泌量の低下とその予防策

女性ホルモンの分泌は、8歳から10歳頃に少しずつ始まって、30歳頃に分泌量はピークとなり、それ以降は徐々に低下し、40代後半から50代になると急激に減少してしまうのです。心身の不調を伴う更年期の症状が出てきたり、外見的にも、皮膚のたるみやしわが出てきたり、口元の髭が濃くなったりするのは、女性ホルモンの分泌量が低下するからなんですね。でも、女性ホルモンが減少する原因は加齢以外にもあるんですよ!女性ホルモンの分泌量が安定している20代、30代の時期に、生活リズムを崩したり、体を冷やしたりしていると、もっと早く女性ホルモンの分泌量を低下させることになってしまいます。

女性ホルモンの分泌量が低下してしまう原因には次のような生活習慣があります。

・過度のストレスや過労
・睡眠不足
・夜型の生活
・運動不足
・無理な食事制限
・冷え

このような生活習慣に一つでもあてはまる人は、生活習慣を見直して女性ホルモンを減少させない習慣に変えていきましょう。


方法その3:毎日の食事で女性ホルモンを増やせる!?

女性ホルモンは、体内のある細胞でしか作られないので、食事から摂取することは難しいそうです。でも、女性ホルモンと似た働きをする成分や女性ホルモンの分泌を促す成分を含む食材を摂取することで女性ホルモンを増やすことができるんです!女性ホルモンを増やすことができる食材を毎日の食事に意識して取り入れてみましょう。

<女性ホルモン(エストロゲン)と似た性質を持つイソフラボンが多く含まれている食材>
納豆、豆腐、きなこといった大豆製品

<女性ホルモン(エストロゲン)を促す成分ボロンが豊富に含まれている食材>
ナッツ類、キャベツ、りんご、ふどう、桃、梨、レーズン、わかめやひじきなどの海藻類(ボロンは熱に弱い性質があるので加熱せずに摂取することが望ましいです)

<女性ホルモンに似た働きをするレソルシル酸ラクトン類が含まれている食材>
ごま、小麦、えんどう豆

<女性ホルモンの分泌を調整するビタミンEが豊富に含まれている食材>
かぼちゃ、アボカド、アーモンド

<女性ホルモン(エストロゲン)の代謝に必要なビタミンB6が豊富に含まれている食材>
マグロの赤身やバナナ


方法その4:ときめきが女性ホルモンを増やす?!

「恋をするとキレイになる」と昔から言われていますよね。実はこの風説には根拠があったんです!脳の視床下部が女性ホルモン(エストロゲン)の分泌命令を出しているのですが、脳の視床下部は、快感や幸福感をもたらすドーパミンが多く分泌されると活性化します。つまり、ときめきと女性ホルモンを増やすことには密接な関係があるということですね。恋をしていなくても、外出してキレイな人やおしゃれな人を見たり、美味しい物を食べたり、趣味の時間を楽しんだり、自分なりの方法でときめきを意識した生活を心がけみてはいかかですか。


”新発売”潤う夜サプリLOVE SHARE
30日返金保証付きで安心です


flower-child-336658_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)